September 16, 2017

シカゴ筋ポジションの確認(9/12時点)

         (9月12日) (9月5日) (増減)
カナダドル   50499     53644  ▲3145
スイスフラン  ▲1314    ▲2171  +857
ポンド     ▲46085   ▲52927  +6842
円       ▲57297   ▲72945  +15648
ユーロ     86058    96309   ▲10251
NZドル    12350    14723    ▲2373
豪ドル     63033    64904   ▲1871

増減はマチマチ。
円ショートもユーロロングも減っているので、ややポジション調整気味には見えますが、明確な方向性は読み取れません。

現実の為替市場では、イングランド銀行による利上げが近いとの発言で、ポンドが先週の142円→150円と殺人的に急伸。
連れてドル円も、107円台→110円80銭へと円安シフト。
他市場を、リスクオンへと牽引するような動きを見せました。

ドルはポンドに対しては大きく売られたものの、ユーロに対しては小動きであり、ドルインデックスは、先週の91.3→91.8と、比較的小幅な上昇にとどまっています。

米長期金利は、2.05%→2.2%まで上昇。
英国の金利上昇に刺激を受けたことと、長期債買われすぎの反動かと思われます。

ちなみに英国10年金利です。
Eng10ykinnh45
ポンドとか英国債の市場は、よっぽどスカスカなんでしょうか。

» Continue reading

| | Comments (0)

September 09, 2017

シカゴ筋ポジションの確認(9/5時点)

        (9月5日) (8月29日) (増減)
カナダドル   53644   53167   +477
スイスフラン  ▲2171  ▲1778  ▲393
ポンド     ▲52927 ▲51555  ▲1372
円       ▲72945 ▲68524  ▲4421
ユーロ     96309   86519  +9790
NZドル    14723   18804  ▲4081
豪ドル     64904  66527   ▲1623

ドル安はどこまで行くのか、という相場になっていますが、ポジション的には既に目一杯なのか、小動きに終始しています。

ドルインデックス。
Dxyy09096
先週の92台から91台へ低下。
下げの目処が見えません。

直接の原因は米金利低下。
10年金利は2.05%と、2%割れも目前。
Us10y44

10年金利と2年金利の推移。
10mainasu2

FRBの利上げによって、短期金利はじわじわと上昇し、現在の2年金利は1.26%。
一方の長期金利は、長期衰退(?)傾向にあり、トランプ効果がなければ、ほとんど接近していたところです。

そのトランプ効果の剥落によって、債券市場から見る危機モードは高まっています。

» Continue reading

| | Comments (0)

August 26, 2017

シカゴ筋ポジションの確認(8/23時点)

       (8月23日) (8月15日) (増減)
カナダドル  51099    51349   ▲250
スイスフラン ▲1987   ▲1181  ▲806
ポンド    ▲45900  ▲31860  ▲14040
円      ▲74086  ▲77492  +3406
ユーロ    87976   79267   +8709
NZドル   21882    24839  ▲2957
豪ドル   60484    59612  +872

増減はマチマチであり、ここからドルの方向性を読み取るのは難しそうです。

ドルインデックスでは、先週の93台→92台へ低下。
Dxy08255
チャート的には、節目なくズルズル下がっていくようなイメージになっています。

米長期金利。
Ukinri100kj
こちらもズルズル気味です。

» Continue reading

| | Comments (0)

August 20, 2017

シカゴ筋ポジションの確認(8/15時点)

       (8月15日) (8月8日) (増減)
カナダドル  51349     62821 ▲11472
スイスフラン ▲1181   ▲1402  +221
ポンド    ▲31860   ▲25160 ▲6700
円      ▲77492   ▲95813 +18321
ユーロ    79267    93685  ▲14418
NZドル   24839     33485  ▲8546
豪ドル    59612    58010  +1602

増減はマチマチですが、ユーロロングと円ショートが共に減っており、これまでのポジションを縮小する心理が主流かと思われます。

ドルインデックス(3年チャート)です。
Dxykkk
先週の93.1→93.4と僅かに上昇したものの、長期的に見て下げ止まったかどうかは判断がつきにくい状況のようです。

» Continue reading

| | Comments (0)

August 13, 2017

シカゴ筋ポジションの確認(8/8時点)

       (8月8日) (8月1日) (増減)
カナダドル  62821   40638  +22183
スイスフラン ▲1402   1440  ▲2842
ポンド    ▲25160 ▲29452  +4292
円      ▲95813 ▲112196 +16383
ユーロ    93685   82637  +11048
NZドル   33485   34938  ▲1453
豪ドル    58010  60713  ▲2703

増減はマチマチですが、円ショートはかなり減っているので、リスクオン姿勢が少し弱まっていると読めそうです。

ドルインデックス(1年)です。
Dxykk56322
今週は93.54→93.10と、率にして0.5%下げました。

米長期金利。
Uskinriiiikjhg4

今週は、2.26%→2.19%と下がり、6月の2.13%に近付いてきました。
ここを割ると、ちょっと気味が悪いことになりそうです。

» Continue reading

| | Comments (0)

August 06, 2017

シカゴ筋ポジションの確認(8/1時点)

        (8月1日) (7月25日) (増減)
カナダドル  40638     26613  +14025
スイスフラン 1440     ▲1550  +2990
ポンド    ▲29452   ▲26197  ▲3254
円      ▲112196  ▲121489 +9293
ユーロ    82637    90842   ▲8205
NZドル   34938    34805   +133
豪ドル    60713    56374   +4339

全体的な増減はまだドル安優勢と言えそうですが、5桁動いた通貨は無く、ドル安の勢いも弱まって来たようにも見えます。
ユーロのロングは減りました。

4日に発表された7月の米雇用統計は、非農業部門雇用者数が20万9000人増と、市場予想の18万3000人増を上回り、失業率は4.3%と前月から0.1ポイント低下、平均賃金の伸びは前年比2.5%増と横ばい。

最も注目された賃金上昇率が頭打ち傾向だったためか、ドル円は111円タッチの後で110円60銭まで下落し、ドル買いの勢いは失速しました。

ドルインデックスは、93.49で終了。
この1年のチャートです。
Dxyyy45

米10年金利。
Us10kinrijjj

雇用統計は、米長期金利を0.04%ほど押し上げる効果はありましたが、長期金利のトレンドは弱含みに感じられます。

» Continue reading

| | Comments (0)

July 29, 2017

シカゴ筋ポジションの確認(7/25時点)

       (7月25日) (7月18日) (増減)
カナダドル  26613     8043   +18570
スイスフラン ▲1550   ▲3667   +2117
ポンド    ▲26197  ▲16473  ▲9724
円      ▲121489 ▲126919  +5430
ユーロ    90842     91321  ▲479
NZドル   34805     35981  ▲1176
豪ドル    56374    51356  +5018

さすがにドル安に向けたポジションシフトは小さくなり、ユーロロングも減りましたが、ドルインデックスは先週の93.8→93.3、ユーロドルは先週の1.16台→1.17台と、依然ドル安方向に動いています。

ドル円は、111円10銭→110円70銭へと円高。
リスクオンの円キャリーは、現実のドル売りに負けている様子です。

» Continue reading

| | Comments (0)

July 22, 2017

シカゴ筋ポジションの確認(7/18時点)

      (7月18日) (7月11日)(増減)
カナダドル  8043    ▲8601 +16644
スイスフラン ▲3667    208  ▲3875
ポンド   ▲16473   ▲24138 +7665
円     ▲126919 ▲112125 ▲14794
ユーロ    91321    83788 +7533
NZドル   35981    31905  +4076
豪ドル    51356   36806  +14550

ポジションを見ると、ドル安かつ円安期待が主流です。
個人的には、どこかでドルが反発するのではないかと思って見ていましたが、市場の焦点は、どこまでドル安が続くのか、に移ってきたように思われます。

ドルインデックスは94を割って93.97。

ドル安=ユーロ高ですが、ユーロ/ドルの長期チャートです。

Eutusddnn45
ざっくり言うと、1.40→1.05→1.16で、下げの3分の1戻し。

ECBドラギ総裁の巧みな話術とFRBの利上げ姿勢によってユーロは持続的に下げて来ましたが、これまで壁だった1.15を越えたユーロは更に上がっていくのでしょうか。

ちなみに、OECDが試算するユーロドルの購買力平価は1.3前後なので、理屈だけで言えばまだドルは高いとも言えます。

また、FRBが試算している貿易加重指数でも、相場が過熱する前の2004年水準よりドル高です。
Dreddollarn5

但し、既にユーロロングポジションの水準が、あの2007年に匹敵するほど高いのは、大いに気になります。
Eurusdddj4

» Continue reading

| | Comments (0)

July 15, 2017

シカゴ筋ポジションの確認(7/11時点)

         (7月11日) (7月3日) (増減)
カナダドル   ▲8604   ▲39372  +30768
スイスフラン   208      ▲113  +321
ポンド     ▲24138   ▲27767  +3629
円       ▲112125  ▲75036 ▲37089
ユーロ     83788    77464   +6324
NZドル    31905    29133   +2772
豪ドル     36806    32414  +4392

円の売りポジションが大きく増加し、6桁となりました。
10年振りに「円キャリー」という楽観ワードが飛び交い、ドルは安く、更に円は安いという「安っぽい期待感」が増えています。

長期的に見た今の円ショートポジションは、矢印の辺りです。
Yenndddkio58
最盛期の2007年までは行っていませんが、それに近い警戒心の薄さです。

ドルインデックスです。
Dxyy45lk
トランプ相場が始まった97よりも更にドルは安く、2016年夏の水準まで来ました。

この時ドル円は100円近辺でしたから、今の112円という水準にはかなりの安心プレミアムが乗っていますが、それほど経済は強いのかどうか、意見は分かれます。

トランプ効果によって、景気浮揚→金利上昇→株高が期待されましたが、その期待が剥落すると、今度は、ドル安→株高という金融相場に逆戻りのようです。

なお、実際のドル円相場は、先週末の113円90銭→112円50銭と円高に振れました。

» Continue reading

| | Comments (0)

July 09, 2017

シカゴ筋ポジションの確認(7/3時点)

         (7月3日)  (6月27日) (増減)
カナダドル   ▲39372   ▲49495  +10123
スイスフラン  ▲113    ▲4669   +4556
ポンド     ▲27767   ▲39133  +11366
円       ▲75036   ▲61350  ▲13686
ユーロ     77464    58695   +18769
NZドル    29133    25233   +3900
豪ドル     32414   19749    +12665

円だけが増減マイナス。最弱通貨となっています。

ドルインデックス(1年)。
Dxy070555
ドルが安い、円が更に安いというのは、楽観の円キャリー環境ですが、株高も最終局面と言われるほどの今になって現れるのはどうなのか、という感じです。

先月末に、ECBのドラギ総裁が強気になったと報道されてから、ドイツ長期金利は急騰中です。
Germmn10yyy4

さぞかしユーロ/ドルは上がったのかというと、先週の1.141→1.139と下げ。
絶好の利益確定チャンスだったのかもしれません。

6月の米雇用統計。
雇用者数は22万2000人増と久々の20万人越えでしたが、 失業率は4.4%と先月より0.1%悪化。

市場の関心は金利に直結する賃金上昇率にフォーカスしていますが、前年比2.5%増と、伸び率は前月を0.1ポイント上回りました。

数字は全体に悪くないのですが、雇用環境がピークに近いと思われる環境下、この程度の賃金上昇率で更なる金利上昇が正当化されるのかどうかを気にする人は気にする、と言うことかと思います。

» Continue reading

| | Comments (0)

«シカゴ筋ポジションの確認(6/27時点)