« 6/3 再びの萌え[+529千円] | Main | 今週の相場観 »

June 04, 2005

今週のIPOを斬る(その1)

今週は8社。
多いので2回に分ける。

最近このシリーズも(自分の中で)マンネリ気味になってきたため、出来る限り良い所には目を瞑り、悪い所にフォーカスし、サディスティックにこき下ろすことにしたい。


◇シンプレクス・インベストメント・アドバイザーズ

06/3予想EPSが122716円で公募価格が330万円(予想PER27倍)とネガサで手を出しにくい。
どうして上場前にもう少し分割しなかったのだろうか。

すぐに分割期待が生じるだろうが、それで価格を引っ張ろうと言うのなら本末転倒だ。

東証は既存上場会社には売買単位を50万円程度にしろと指針を出していながら、マザーズに甘い。

かつてはハイバリエーションであったリサやセキュアードでさえPER40倍程度に集約されて来た今、公募2倍が当たり前と買いに行くのは無謀。
公開株数3500株も多過ぎて希少価値はない。

不動産流動化銘柄の一番の旬はとっくに過ぎているというのが自分の認識であり、高値に跳び付いて勝手に損をすればザマーミロである。


◇NowLoading

セールスプロデュース事業とあるが、「着メロ」やフリーペーパー発行など二番煎じばかりで、何が固有のビジネスモデルなのか良くわからない。

社長はリクルート出身。
名古屋の企業でもないのにセントレックスを選んだのは上場しやすいからだけだろうと邪推したくなる。

一部で詐欺的とも言われたエフェクターを上場審査したセントレックス、店舗ネットを手がけたKOBE証券が主幹事とメンバー選定はよろしくない。

公募価格30万円は予想PER30倍だが、そもそも6/3期の予想が現実的なのかどうかわからないからパス。


◇ドリームバイザー・ドット・コム

個人投資家向けのニュースを配信。

公募価格50万円は、05/6期予想EPS13500円に対してPER37倍と割高。
公開株数は1515株と少ない。

今後どれだけ有料会員が増えるかについては実際にHPを見て判断するしかない。
現在は上場記念で全プログラム無料。

私は正直言って、このサイトは知らなかったが、もっと早く知っておけば良かった、とは全く感じなかった。


◇ゼンケンオール

子供向け英会話教室の運営を展開。

公募価格30万円は予想PER10.3倍と割高感はないものの、ここ3年間の経常利益は、15億、10億、8億(予想)と減益傾向で、成長性に大きな疑問があるから、これでも高いかもしれない。

NOVAキッズやベネッセなど強力なライバルがひしめくこの世界で果たして生き残れるのか、戦略が見えない。

上場で知名度向上を図るのなら、会社名を商品ブランドと統一して「ミネルヴァ」にするくらいの割り切りをするのが経営というものだろう。

現社名を見た時の第一印象は、レンタル会社かと思ったくらいだ。

よろしければ、BlogRankingに一票をお願いいたします。

|

« 6/3 再びの萌え[+529千円] | Main | 今週の相場観 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 今週のIPOを斬る(その1):

« 6/3 再びの萌え[+529千円] | Main | 今週の相場観 »