« 今週の相場観 | Main | 6/6 フージャースが高い[+396千円] »

June 05, 2005

今週のIPOを斬る(その2)

残りの4社について。

◇和井田製作所

地味業種でしかもMM。
おまけに会社HPがダウンしていて、何も調べられなかった。

自信を持って投資対象外と断定したい。
1社調べる手間が減って助かった。


◇リンクセオリーHD

長谷川理恵愛用で有名になった「theory」ブランドを展開。

ファーストリテーリングが17%を保有し、柳井さんが会長。

公募76万円は予想PER22.3倍とまあ妥当な線ではあるが、公開株数があまりに多く、13800株。
120億円吸収して有利子負債を一挙に全額返済というミエミエの目論見は、あまりに貪欲だろう。

佐々木社長の「パートナー」である萬田久子さんが1200株の大株主であることは有名で、公私混同と批判されても仕方がないか。

今の地合いでアパレルを買う人の気が知れない。


◇フィンテックグローバル

ストラクチャードファイナンス(仕組み金融)に特化。

社長はオリックス出身でリースに強い。

手数料中心で利益率は高く、05/9期予想は、売上1952M、経常1172M、EPS10422円。
公募33万円は予想PER31.6倍。
公開株数12000株。

内容に問題はないものの、ある程度バリエーションが固定して来ている証券化関連銘柄の中で、IPOということでどれだけ突出したPERが付くかどうかは不明。

セキュアードにはカルパース年金基金、リサにはソロスというスーパープレミアムがあったが、そうした材料が過大評価される地合いでもないのは明らか。

50万円以上なら割高で妙味なし。


◇エスアールジータカミヤ

建設機械のレンタル業。
目新しい業種でもなく、人気化の可能性は低い。

公募1200円は予想PER18倍と妥当な線。

公開株数は100万株と少なく、1000株単位(公募ベースで120万円)で考えればわずか1000株なので、取り合いになればガンホー状態だが、有り得ないだろう。

HPトップに「日経産業新聞に紹介されました」とあるので、クリックしてみたら、何と自分がスポンサーの記事広告であった。

これを紹介されたというのは、明らかな虚偽表示で、コンプライアンス上由々しき体質の会社と言えよう。
エスアールジーが何の意味なのかも結局わからなかった。
IR姿勢に大いに問題があり、もちろん投資不適格である。

よろしければ、BlogRankingに一票をお願いいたします。


|

« 今週の相場観 | Main | 6/6 フージャースが高い[+396千円] »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 今週のIPOを斬る(その2):

« 今週の相場観 | Main | 6/6 フージャースが高い[+396千円] »