« 6/29 利食いで一服[-128千円] | Main | 7/1 後半戦開始[+488千円] »

June 30, 2005

6/30 前半戦終了[-44千円]

NYDOW 10374(-31)  N225 11584(+6)

様子見気分の日経平均は小幅高。
新興も昨日より売買代金は減少し、下げた銘柄が多くなっています。

アセット+2千円、フージャース-2千円と合わせてチャラ。

クラビットは比較的大きな調整で-70円。
それでも出来高55700株とさほど多くは無く、良くこれで先日の50万株の分売が捌けたものだと思います。
明日も売りに押されて下げるでしょう。

ACCESSも利食い優勢で-5万円でしたが、Vテクは+1万円と若干気を吐きました。

今日の成績は、-44千円。
今週合計は-22千円、今月は+2709千円。
今年前半トータル(1~6月)は、+1750万円でしたが、この内未実現利益が644万円と、多くの含み益を残しているのが今年の特徴です。

Vテクは昼休みに見ていた限りでは、かなり腰を入れた買いがあったように思います。
ファンダ良好で低PERの、このような銘柄にこそ本格的に資金が集中することを期待したいものです。

アイケイコーポレーションを80万円で指しておきましたが、126万円でも寄りませんでした。
AMIの連想なんでしょうが、業種を考慮すると、いくら何でも追いかけ過ぎでしょう。

既に報道されているように、今年上半期の新興市場売買代金は22兆円を超えて史上最多。
03、04年と比較しても、実感として一番強かったと感じます。

過去2年間は急騰と急落の差が激しかったのですが、今年は本当に恐い局面がほとんど無く、いつでも強いという傾向が感じられます。
この2年間のJASDAQインデックスに如実に現れています。

背景には過剰流動性を供給する中央銀行の政策やネット証券の普及による短期トレーダーの増加などがあるのでしょうが、郵政民営化の動きに象徴されるように、預金から株式への資金シフトは、これからが本番であることに疑いはありません。

今年後半は、投機では無く、投資の姿勢が本格的に広まって日本経済の復活(既にしているのか?)を支援する事を希望します。
一番の注目は、ソフトバンクを中心としたIT関連だと思います。

とにもかくにも2005年前半が終了しました。
皆さま、お疲れ様でした。

後半もよろしくお願いいたします。

よろしければ、BLOG RANKINGにご協力下さい。

|

« 6/29 利食いで一服[-128千円] | Main | 7/1 後半戦開始[+488千円] »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 6/30 前半戦終了[-44千円]:

« 6/29 利食いで一服[-128千円] | Main | 7/1 後半戦開始[+488千円] »