« 7/11 株高の輸出[+281千円] | Main | 7/13 REITの調整[-83千円] »

July 12, 2005

7/12 入れ替え[+147千円]

NYDOW 10519(+70) N225 11692(+17)

日経平均は昼休みにわずかながらマイナス圏もありましたが、小幅続伸。
新興市場はヘラクレス以外の指数が上昇し、売買代金も増加しました。

今日は少し入れ替えました。

寄りでソディックを500株買い(1031円)。
引けは1047円。
動かなくなったACCESSは見切って+84万円を確定。

昨日予感がしたインフォコムは指値が約定しないので、後場寄りで10株買い。(184千円)
引けは204千円でした。

上がるものに付くため、Jブリッジも後場寄り1949円で追加しました。

アセット-1万円、フージャース変わらず、クラビット-30円、Vテク-1千円と保有株は総じて小動きでした。

今日の成績は、+147千円でした。

含み資産銘柄や萌えの一部に資金が入っているのは、あまり良い傾向とは言えないのでしょうが、また松坂屋あたりを狙ってみたい気もします。
ガンホーがどこかで本格的反発に転じるのかどうかも気になる人は多いでしょう。

ソディックは1050円を抜けると青天。
Jブリッジは豪腕で上げにかかっているようです。
アセットは是非買いたいという水準までは売られませんでした。
インフォコムは出来高多過ぎで明日は不安です。

アメリカの消費が住宅価格の高騰に支えられていることは疑う余地がないでしょう。
FRBはこの1年で2.25%政策金利を上げましたが、債券市場は好調で10年物長期金利は4.5%から4.1%に低下しています。

従って住宅ローン金利は景気好調の割には上がらず、住宅バブルを助長する結果となっています。

グリーンスパンが「conundrum」と呼ぶこのパラドックスは、アメリカが海外で大量にばら撒くドルが米国債券市場に還流する事で起こっているのかもしれません。

だとすると、ブッシュの無謀な戦争が結果として株高を演出しているという皮肉な結果となります。

イラクでの多くの屍の上に、日本の新興バブルがあるとすれば、あるいは先日のロンドンのテロの犠牲者もその礎だとすれば、大いに心が痛む人もいるかもしれませんが、所詮勝つという事はどこかで他人を傷つけることに鈍感にならざるを得ない行為とも言えます。

かたや日本では別の理由から財政赤字が進み、ゼロ金利政策の元で過剰流動性が巻き起こっています。

世界1、2位の経済大国が、短期的な金利政策では正反対の立場を取りながらも、過剰な投資資金を供給して、世界的な資源と株のインフレ状態を招いているとも言えそうです。
過剰流動性の元では、中央銀行の金利政策はほとんど効かない、と逆に解釈することも出来るかもしれません。

バブル的と思ってはいても、投資やビジネスにおいては自分が一番先に降りる訳にはいかないことは、歴史が証明しています。

よろしければ、BLOG RANKINGにご協力下さい。

|

« 7/11 株高の輸出[+281千円] | Main | 7/13 REITの調整[-83千円] »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29150/4944327

Listed below are links to weblogs that reference 7/12 入れ替え[+147千円]:

« 7/11 株高の輸出[+281千円] | Main | 7/13 REITの調整[-83千円] »