« 7/12 入れ替え[+147千円] | Main | 7/14 12000円への助走[+17千円] »

July 13, 2005

7/13 REITの調整[-83千円]

NYDOW 10513(-5) N225 11659(-32)

日経平均は3日ぶりに反落ですが、新興市場は主要指数が全て上昇。
売買代金はJASDAQ1058億円、マザーズ1437億円で、マザーズは新記録でした。


私の所有銘柄は全て小動き。
アセット-2千円、フージャース+3千円、クラビット-5円、Vテク-6千円、Jブリッジ+2円、インフォコム-1千円、ソディック+3円でした。

ソディックは寄りで500追加して1000株にしました。

今日の成績は、-83千円です。

クリードがS高で、パシマネ、レーサムにも買いが入り、不動産流動化関連は本当に息の長い相場になりそうです。

11700円という中途半端な抵抗線がなかなかブレイク出来ない東証一部を尻目に新興市場は勢いが増す一方になっていますが、過熱という表現はほとんど聞かれません。

ジャスダックインデックスの2年チャートです
大きなピークは、03年10月と04年5月ですが、この時は明らかにチャートが急峻で、いくら何でも売らねばなるまい、と感じるほどの急騰ばかり。
しっかり勝つには素早い逃げが必要でした。

今回は移動平均線と大きな乖離がある訳では無く、急落がイメージしにくい「穏やかな」上昇です。
おまけに今月はじめにGC。

昨日あれだけ上げたインフォコムがわずか1000円の下げで終わったところを見ると、市場参加者の多くは、まだまだ先高感を持って取り組んでいるように思えます。

理屈では買えないJストがS高ですし、ソフトバンクも終値で4500円を超えましたから、概ね個人は強気なのでしょうが、
JASDAQが値上がり306、値下がり306。
マザーズがそれぞれ60、59。
ヘラが61、46。

ほぼイーブンに二極分化している事には注意が要りそうで、乗り方を間違えると泣きでしょう。

2日連続してJ-REITが上場しましたが、昨日公募割れしたプロスペクトが続落。
ジャパンシングルも公募割れスタートで、引けは公募比+1000円でした。

この影響で、今日は全REITが売られ、特に森トラストは1万円刻みの影響もあって4%近い下げとなっています。

今のところは短期的な調整に過ぎないでしょうが、本格的に下げトレンドとなった場合には、金利上昇を市場が先読みしているサインと言えると思います。
アメリカも日本も、本格的な金利上昇局面でのREIT価格の推移について確固たるデータを持っているわけではありませんが、債券で確実に3%近い利益が出る局面になれば、今の値段でJ-REITを買う人はいないでしょう。

なお今月はケネディクスとジョイントがスポンサーのREITがIPOしますから、親(?)の株価の方に、何らかの材料と目される可能性があるかもしれません。

よろしければ、BLOG RANKINGにご協力下さい。


|

« 7/12 入れ替え[+147千円] | Main | 7/14 12000円への助走[+17千円] »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 7/13 REITの調整[-83千円]:

« 7/12 入れ替え[+147千円] | Main | 7/14 12000円への助走[+17千円] »