« 6/30 前半戦終了[-44千円] | Main | 第五回アンケート「今年最大のテーマ」 »

July 02, 2005

7/1 後半戦開始[+488千円]

NYDOW 10274(-99)  N225 11630(+46)

短観の改善度は冷静に見れば限定的であり、それが主因というのは後付けの理由に過ぎません。
NYが3桁近く下がっても日経平均が上昇する地合いであるという事が何よりも重要な事実です。

アセットが実に久々に咆えて、+27000円。
勢いはフージャースにも乗り移ったのか、+16000円。

クラビットは引け際に戻して+5円。
来週買い増しを考えます。

Vテクは-2千円と元気が無いように見えますが、下値は切り上がっています。
ACCESSは+4万円と、再爆発の予兆十分。

今日の成績は+488千円と、順調な後半戦滑り出しとなりました。

ゼンテックがなぜか急動意。
百貨店が軒並みの好調となるような相場はいつ以来でしょうか。

売り気配スタートのIKコーポも結局は買った者が勝ち。

JASDAQ、マザーズ共に売買代金1000億円超え。
日経ジャスダック平均は12日続伸し、1カ月半ぶりに年初来高値を更新、2004年7月14日以来の2000円台。

フージャースを425千円で5株売った時は、いずれ40万円前後で買い戻せるとタカをくくっていましたが、結局ここまで一切大きな押し目無し。
順調に上がっているものは、勝手に天井感を持って手放さない方が良いという教訓でしょう。
初動に乗れた場合はホールドオンあるのみ。

今年後半にITバブル的な相場の可能性が予感されます。

本格的な梅雨模様ではありますが、どうぞ良い週末をお過ごし下さい。

よろしければ、BLOG RANKINGにご協力下さい。

|

« 6/30 前半戦終了[-44千円] | Main | 第五回アンケート「今年最大のテーマ」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 7/1 後半戦開始[+488千円]:

« 6/30 前半戦終了[-44千円] | Main | 第五回アンケート「今年最大のテーマ」 »