« 7/27 着眼大局[+187千円] | Main | 7/29 7月終了[+227千円] »

July 28, 2005

7/28 ソニーはダメダメ[+236千円]

NYDOW 10637(+57) N225 11858(+23)

日経平均は、上がったものの、ほぼ安値引け。
新興はマチマチ。
マザーズの売買代金は昨日比大きく減少しています。

アセット+4千円としっかりですが、フージャースは-10千円とホルダーの心理悪化。
アーバンは4650円で損切りしました。

ソディック+45円で、ついに1300円台突入。
なんと9年振りだそうです。

MPTは+13千円と続伸。
クラビット+100円。

久々にJブリッジを1973円で買い戻し、タイミング良く2000円の節目を突破しました。

サイバーエージェントは押し目で買えそうも無く、465千円で2株買いました。

今日の成績は、+236千円でした。

もはやソニーの決算には全体を動かす力が無いと思いますが、それにしても儲からない会社になってしまいました。
プリンターショックのキャノンや日立等も下げているだけに、さすがにハイテク系を買いにくい気分が生じるかもしれません。

今日メガバンクを買っていたのは、そうした事態を懸念していた資金なのでしょうか。
なお、松下は中間期上方修正し、プラズマの年間販売金額も2割強上方修正と、相変わらずソニーとは明暗が分かれています。

私の持ち株もはっきり差が出る傾向が強くなっており、これは今後の相場と社会の方向性を如実に表していると言えます。

二極化に向かうのは必ずしも歓迎すべき事態とは思いませんが、大きな流れには逆らえませんので、株式投資に限らず、生活全般に渡って何らかの対策が必要と考えるのは当然の話。
子供への教育投資意欲が衰えないのも、その一例でしょう。

こうした背景から、ともかく手広く買って、下がったモノは損切り。
上がったモノを買い乗せという投資方法は、やり方次第では十分成立すると思います。

買ってから必死に企業研究するということは、別に恥ずかしくないと思いますし、私は頻繁にあります。

自分のポートフォリオを含み益銘柄だけにして維持することを重視すれば、損切りも早くなります。
早切りでチャンスを逸することはモチロンありますが、圧倒的に逆のケースが多いはずです。

クリードは反発してしまって買えず。
ケネディクスは中間期上方修正。
今日IPOのジョイントREITは好発進でした。

内需物色は継続するような気がしています。

よろしければ、BLOG RANKINGにご協力下さい。


|

« 7/27 着眼大局[+187千円] | Main | 7/29 7月終了[+227千円] »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29150/5206044

Listed below are links to weblogs that reference 7/28 ソニーはダメダメ[+236千円]:

« 7/27 着眼大局[+187千円] | Main | 7/29 7月終了[+227千円] »