« 10/25 市場は不動産がお好き[-345千円] | Main | 10/27 アセットが続落[-105千円] »

October 26, 2005

10/26 アセットは不動産最弱なのか[-204千円]

NYDOW 10377(-7) N225 13395(+114)

昨日の上昇トレンドが継続するかどうかが注目された日経平均は、NYの下げが小幅だったこともあり、続伸しました。

新興市場は三市場とも指数は上昇し、売買代金も高水準を維持しています。

アセットは-24千円。
クラビットは+60円。

今日の成績は、-204千円でした。

アセットは前場にかなり頑張って買う人がいましたが、なかなか上がらないので後場に力尽きて投げた格好になってしまい、4%以上も下げました。

大手デベロッパーを始めとして、不動産系は全般好調で、年初来高値が当たり前。
その中ではアセットは出遅れに見えるため買い上げようとする力は強いのですが、売りも予想以上に湧いて来るようです。

阪急リートは堅調なスタートを切りました。
スポンサーがしっかりしているREITは大丈夫と言うことがわかり、後場はきれいな右上がりです。

株式市場が既にそうなっているように、REIT間のリスクプレミアムはさらに広がり、優勝劣敗がはっきりしてくるでしょう。

要するに成長ストーリーがきちんと説明できるかどうかが鍵で、そこでのキーファクターは物件取得能力と、ファイナンスを組み立てる力だと思います。

消費好調、資産デフレ脱却というシナリオは、市場の中では既に実現してしまっているので、その次に来るものは一体何なのか、という点に最大の興味があります。

今の時点でこの解がわかるなら、来年の成功は約束されたも同様でしょう。

セ・リーグの1位はパ・リーグの2位よりも、格段に弱いと言うことが証明されました。
ロッテの勝因は、3連勝した時点で、阪神は楽天よりも弱く感じる、と言わなかったことだと思います。


|

« 10/25 市場は不動産がお好き[-345千円] | Main | 10/27 アセットが続落[-105千円] »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 10/26 アセットは不動産最弱なのか[-204千円]:

« 10/25 市場は不動産がお好き[-345千円] | Main | 10/27 アセットが続落[-105千円] »