« 8/24 大き目の調整か | Main | 伸びないCPI-大円安時代の始まり- »

August 26, 2006

8/25 ソフトバンクでずっこけ

NYDOW 11304(+6) N225 15938(-21)

日経平均は今日の高値から200円以上落ちてマイナス引け。
個人主体の新興市場はソフトバンクの影響がより大きく、2時過ぎから急落となりました。

アナリストの低評価に対するセンシティビティに関しては、ソフトバンクはひどい前科もあるため、方向が出来上がってしまうと踏ん張りが全く効かないようです。

今週は持ち株が軟調で、-235千円の運用成績でした。

つくばTXは東の田園都市線になるポテンシャルを秘めています。
適度な緑と通勤距離、区画整理で整然とした駅周辺、つくばの正統派知性とアキバのサブカルチャーの混合。

首都圏全体がコンパクトになろうとしているトレンドの中、ほとんどの郊外が没落していくでしょうが、この沿線だけが過去のニュータウン構想に匹敵する磁力を持ちうるかもしれません。

今後千葉の地価水準は浦安とTX沿線が主導することになって行くでしょう。


日経平均の短期的なボラティリティが拡大しているような印象を受けます。

先物市場への個人の関与が拡大し、上がる時も下がる時も順張り的な心理の増幅が影響しているかもしれません。

全体としての上昇基調はまだ維持されていると考えますが、やはり主力の大型株有利の状況は当分続くと思われるので、個人主体の銘柄に関しては乗り降りのタイミングにより慎重さが必要な状況かと思います。

サラリーマントレーダーは、大きな波だけを見据え、雑音を遮断する投資スタイルを確立することが望まれます。

湿気は強いものの、昨年に比べると今年の夏は楽です。
夏休みも終盤ですが、短い夏を惜しみつつ、どうぞ良い週末をお過ごしください。


この記事が参考になりましたら BlogRankingに一票をお願いいたします。


|

« 8/24 大き目の調整か | Main | 伸びないCPI-大円安時代の始まり- »

Comments

Akazukinさん、しばらくです。
時間があるときに、時折見させていただいております。今回の記事は、心に響くものがありました。「大波を見据え、雑音を遮断する」、うーん、まさにこれですね!
もちろん大波を見据えるための資料収集と研究の努力は欠かせませんが、いったん相場の戦場に入ったら、雑音に惑わされていては、相場の餌食になるだけですからね。
時折陰ながら、クリック応援をさせていただいております。今後とも宜しくです!

Posted by: hand | August 28, 2006 11:33 PM

handさん、いつもありがとうございます。

大きなトレンド候補としては、資源高、BRICS、円安などが浮かびますが、どれもありふれてますね。(苦笑)

出来るものならブラジル通貨を買いたい気がしますが、難しいので、BRICSファンドやエマージェンシーカントリーボンドで我慢しています。

今後とも宜しくお願いいたします。

Posted by: akazukin | August 29, 2006 10:12 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 8/24 大き目の調整か | Main | 伸びないCPI-大円安時代の始まり- »