« なぜ円で運用するのか | Main | 悲観が動かす世界市場 »

September 09, 2006

年末の日経平均

年末の日経平均アンケートについて、集計しておきます。

14000円以下         18%
14000円超~15000円    8%
15000円超~16000円    17%
16000円超~17000円    13%
17000円超~18000円    11%
18000円超           31%

という結果でした。
(投票総数132)

3割以上の方が18000円超と強気なのは、私にはちょっと意外でした。

一般に個人は売りに転じていると言われていますから、ここの読者の方は少しスタンスが違うのかもしれません。

私の予想は、17000円を少し越えたところくらいが現実的なターゲットではないかと考えています。

18000円を越えるには、それなりに大義名分が必要だと思いますが、もし実現するとすれば、それは一体何になるのでしょう。

昨年の秋相場は構造改革推進が一応材料だったかと思いますが、そうすると、安倍内閣誕生で改革路線継続でしょうか。
それともデフレ脱却兼超円安でインフレ相場でしょうか。

重要なことは、資産価格が穏やかに上昇し、消費を下支えするトレンドがしっかりと継続するような経済政策が取られることだと思います。


この記事が参考になりましたら BlogRankingに一票をお願いいたします。

|

« なぜ円で運用するのか | Main | 悲観が動かす世界市場 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« なぜ円で運用するのか | Main | 悲観が動かす世界市場 »