« 全ては利回りで選択される | Main | 外部環境依存症 »

December 19, 2006

下げるのは当たり前

日経平均は6日続伸で警戒レベル。

日興、ミサワの会計不祥事に伴うジャパンプレミアムの再来懸念、三菱UFJのFRBによる業務改善命令、タイの外資規制強化を嫌気したバーツ・株安、それに連動したシンガポール、台湾市場大幅安など、売る材料に事欠かなかったのですが、その割には、よく180円安程度で済んだな、という印象です。

この程度なら、良いお湿りですし、リートも良い調整だったということになるでしょう。

明日反発なら見送り。
何らかの理由で続落するなら指値を入れようと思います。

バーツ/円は3.36から3.2738へと2.5%ほど急落していますが、本気でこんな外資規制をするとなれば、タイは壊滅的な大不況となるでしょう。

軍事クーデター自体には同情的に見ていましたが、こんなお間抜けな政策を打ち出すようではダメダメです。

福井総裁の発言は、これまでよりトーンダウンしていますが、ある意味現実に素直になり、市場との対話を試みているという点で進歩かと思います。

クリスマス休暇の薄商いに乗じて投機筋の皆さん(って一体誰?)が円安にしてくれるなら、大歓迎ですが、今のところドル円で118.30に大きな壁が感じられます。


この記事が参考になりましたら BlogRankingに一票をお願いいたします。


|

« 全ては利回りで選択される | Main | 外部環境依存症 »

Comments

新しく投資専門のブログランキングはオープンいたしました。オープンしたばかりですので、ランキング上位も狙えます。株、外貨という金融商品カテゴリだけではなく、会社員・トレーダー・OLなどのプロフィール別ランキングも好評です。是非、ご登録いただけますようお願いいたします! http://www.kabuoon.com/ranking/

Posted by: Kabuoonブログランキング | December 21, 2006 09:15 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 全ては利回りで選択される | Main | 外部環境依存症 »