« 日本人は円を見限り、中国人は強気 | Main | 割安なモノは少ない »

June 25, 2007

日本株は常に依存症

中国、香港、韓国は一時プラス圏でしたが、最後に力尽きてマイナス引け。
台湾は終始プラスで大幅高。

アメリカの影響とアジア独自の環境が綱引きした結果、今日は中国の引締め懸念が最後に決定打になったようです。

アメリカ、日本、EUという三大経済圏に大中華圏が加わって来た結果、日本は押し出されて4番目になり、米中双方の影響下で揺れ動く格好になっています。

NYのミラー相場ではなくなりそうですが、その反面徐々に中国株の影響下になっている印象です。

REITは週が明けて改めて売り直されました。
いくつか指値にかかって買えていましたが、持つ量も目標値もほどほどで行くつもり。


ここから中期的にどういったアセットアロケーションが望ましいかというと迷います。

商社や資源関係も甘く、国内にはあまり買いたいモノはありません。
かといってここからFX中心も自信なし。

中国株のポジションを維持しつつ、ヒット&アウェイ、でしょうか。


この記事が参考になりましたら BlogRankingに一票をお願いいたします。

|

« 日本人は円を見限り、中国人は強気 | Main | 割安なモノは少ない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 日本人は円を見限り、中国人は強気 | Main | 割安なモノは少ない »