« May 2007 | Main | July 2007 »

June 30, 2007

中国政府もつらいよ

29日のNYは激しい値動きとなり、プラス103$からマイナス107$まで急降下し、最後は小幅安で終了。

Continue reading "中国政府もつらいよ"

| | Comments (0)

June 28, 2007

あれからもうすぐ10年

Hongkong1
10年前の5月、私は香港にいました。

当時は返還直前の香港を見ておく、という行為が一種のブームのようになっていました。

Continue reading "あれからもうすぐ10年"

| | Comments (0)

June 27, 2007

サブプライムローンの影

私の手元にある2006年4Qまでの資料によれば、サブプライムローンが住宅ローン全体に占める比率は、2006年で13%程度。

Continue reading "サブプライムローンの影"

| | Comments (0)

June 26, 2007

割安なモノは少ない

今日はB株中心に大陸のインデックスが全て自律反発的に上げたため、香港の主要指標はそれを失望して(?)全て下げました。

Continue reading "割安なモノは少ない"

| | Comments (0)

June 25, 2007

日本株は常に依存症

中国、香港、韓国は一時プラス圏でしたが、最後に力尽きてマイナス引け。
台湾は終始プラスで大幅高。

Continue reading "日本株は常に依存症"

| | Comments (0)

June 23, 2007

日本人は円を見限り、中国人は強気

22日の東京市場は下げ渋ったものの利益確定が優勢。

週末でもあり海外市場も全般に弱含み。
特にNYはベアスターンズのHF救済処理絡みの懸念があり、-185$。

Continue reading "日本人は円を見限り、中国人は強気"

| | Comments (0)

June 21, 2007

投資は仮説と検証の繰り返し

DOWの三桁下げにもかかわらずアジア株は堅調。

日経平均も6日続伸して高値更新ですが、ちびちびとしか上げないので、さほど強いという実感はありません。

Continue reading "投資は仮説と検証の繰り返し"

| | Comments (0)

June 20, 2007

止まらないのは円安と中国株熱

日経平均はザラ場で年初来高値を更新したわけですが、沸き起こる高揚感など市場には存在せず、慌てて買うような投資家は皆無でした。

Continue reading "止まらないのは円安と中国株熱"

| | Comments (0)

June 19, 2007

市場は40年も待てない

今日は端午節で休場でしたが、18日の香港市場はH株指数が3.7%、レッドチップは5.1%の上昇率でした。

Continue reading "市場は40年も待てない "

| | Comments (0)

June 16, 2007

世界の金利もフラット化していくのか

長期金利の急激な上昇で萎縮していた投資マネーは再び活発になり、株式市場の戻りに連れて為替市場では円安の進行が過激です。


Continue reading "世界の金利もフラット化していくのか"

| | Comments (0)

June 14, 2007

次なるトレンドを見極めたい期間

急激に上昇した長期金利も、ある程度の着地点を見つけたようにも見えます。
現時点ではアメリカが5.2%、日本が1.96%。

Continue reading "次なるトレンドを見極めたい期間"

| | Comments (0)

June 12, 2007

市場は迷っている、ということにしておきたい

10年JGBの利回りは1.94%、クーポン1.5%まで上昇した5年債も1.53%と、今日も債券市場は軟調でした。

Continue reading "市場は迷っている、ということにしておきたい"

| | Comments (0)

June 10, 2007

長期金利はさらに上がり続けるのか

アメリカの長期金利の急上昇に始まったミニパニックは、8日のNYDOWが大きく反発に転じたことで一旦収束しそうに思えますが、長期トレンドで見た場合、金利上昇は初期段階に過ぎないのかもしれません。

Continue reading "長期金利はさらに上がり続けるのか"

| | Comments (3)

June 09, 2007

株価は金利との均衡点を探している

8日の東京では、昨日のアメリカ債券市場の流れを引き継いで、10年もの金利が一時1.92%に上昇。

株式市場は寄付きから大きく売り優勢に傾きましたが、下値では旺盛な買い需要も感じられ、SQ清算日でもあって売買代金は過去最高でした。

Continue reading "株価は金利との均衡点を探している"

| | Comments (0)

June 07, 2007

揺れる心理

アメリカで株式市場が大きく調整して長期金利も一服したことで、今日は多くの人が債券市場が落ち着くと見ていました。

Continue reading "揺れる心理"

| | Comments (0)

June 06, 2007

商社ブームはいつまで続くのか

丸紅は1億株を超える商いで9%以上上昇。

Continue reading "商社ブームはいつまで続くのか"

| | Comments (0)

June 05, 2007

兆候はいつも長期金利に現れる

残念ながら今日は上海は反発しましたが、いずれにせよH株には強気の見方をしています。

Continue reading "兆候はいつも長期金利に現れる"

| | Comments (2)

June 04, 2007

上海が下げれば香港は上がるのか

上海は大きく下げ、香港、H株は堅調でした。


Continue reading "上海が下げれば香港は上がるのか"

| | Comments (0)

円安は国家を分裂させる

「欧州産ウナギ、輸出規制へ・かば焼き高騰も懸念」というニュースが先週ありました。

Continue reading "円安は国家を分裂させる"

| | Comments (0)

June 03, 2007

全日空とJALの実質利回り

全日空の株主優待券が来たので、ここで売却しました。
1枚7000円。

Continue reading "全日空とJALの実質利回り"

| | Comments (0)

やはり株、というムードになって来ているのか

期待される6月のスタート。
日経平均は+83円と、寄り付き前のCME先物に鞘寄せした程度ですが、商社セクターは気持ち良く飛んでいます。

Continue reading "やはり株、というムードになって来ているのか"

| | Comments (0)

« May 2007 | Main | July 2007 »