« 日本株は常に依存症 | Main | サブプライムローンの影 »

June 26, 2007

割安なモノは少ない

今日はB株中心に大陸のインデックスが全て自律反発的に上げたため、香港の主要指標はそれを失望して(?)全て下げました。

やはり大陸が調整することが香港に取っては望ましいのです。

日本株は、三菱ガス化学だけを残して売りました。

当面はREITの突っ込み局面を買うことと、香港に集中します。

今現在世界中で最も外部環境が良いと思われる香港で勝てなければ、どこに行っても駄目でしょう。

為替市場は全員が円安派に転向してしまったようで、所詮円高幅はしれている、といった安心感があり過ぎます。
DOWが500$くらい下げないと円高方向への仕掛けは成功しないでしょう。


Paratto_1

原油はじわじわと危険水域に入っており、材料一発で70$を越えて飛びそうにも見えます。

いつ何が起こっても、動じずに安い買い物が出来るポジショニングにしておくため、明日もCPを上げる方向で調整します。


この記事が参考になりましたら BlogRankingに一票をお願いいたします。


|

« 日本株は常に依存症 | Main | サブプライムローンの影 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 日本株は常に依存症 | Main | サブプライムローンの影 »