« 円安は国家を分裂させる | Main | 兆候はいつも長期金利に現れる »

June 04, 2007

上海が下げれば香港は上がるのか

上海は大きく下げ、香港、H株は堅調でした。


Z1
香港、シンガポール、ダウの比較です。

香港が出遅れているのは、いずれ上海が暴落した時の影響が不透明なため、本格的に上値を追えない、というのが大きな要因であったと仮定するなら、大陸が調整完了すれば、むしろ香港とH株には資金が入りやすくなるはずです。

今上海では、押し目を買えば必ず反発するという自信(かつて日本の新興市場もそうでした)が大きく揺らぎ、下値目処が見えなくなる心理状態になっているでしょうから、さらにあと10%くらい調整すると、完全にパニックに陥ってブン投げ合戦になり、一気にバブル色が一掃して好ましいのではないでしょうか。

仮に株価がさらに下落しても実体経済に与える影響は軽微と推測されますから海外は動揺しないでしょうし、ショック療法で中国人が株熱から冷め、本来の仕事と勉強に集中して北京オリンピックの準備を進めれば、中国はより健全かつ持続的に発展するでしょう。


この記事が参考になりましたら BlogRankingに一票をお願いいたします。


|

« 円安は国家を分裂させる | Main | 兆候はいつも長期金利に現れる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 円安は国家を分裂させる | Main | 兆候はいつも長期金利に現れる »