« June 2007 | Main | August 2007 »

July 31, 2007

多分基調は変わっていない

アジア市場は全般にNYの反発を素直に好感しましたが、日本は少し上がるとすぐに売り物が頭を押さえます。

Continue reading "多分基調は変わっていない"

| | Comments (0)

July 30, 2007

まだ落ち着いてはいない

日経平均は最後にどうにかプラスですが、新日鉄など実力派銘柄は朝から浮上していました。

Continue reading "まだ落ち着いてはいない"

| | Comments (0)

July 29, 2007

日米金利差と円ドルレート

Kinri_7
グラフは日米の長期金利差とドル円レートの相関です。

Continue reading "日米金利差と円ドルレート"

| | Comments (4)

July 28, 2007

これは完全に円高トレンドに転換した

Continue reading "これは完全に円高トレンドに転換した"

| | Comments (0)

July 26, 2007

一時的なリスクリダクションが起きている

アジア市場は全般に午後から下落。

日本株は警戒するほどの高値ではないものの、ほぼ全面安。
市場に先高感が育たないのが弱さの根源でしょう。

Continue reading "一時的なリスクリダクションが起きている"

| | Comments (0)

July 25, 2007

重いことも条件なのか

NYは昨日200$以上下げましたが、これは住宅市況の回復にはもう少し時間がかかるというメッセージかと思います。


Continue reading "重いことも条件なのか"

| | Comments (0)

July 23, 2007

日本の孤立が際立つ

アジア市場をざっと見渡すと、香港、韓国、台湾が小幅高、シンガポール小幅安、上海は「NYなど我れ関せず」の大幅上昇という結果です。

Continue reading "日本の孤立が際立つ"

| | Comments (0)

July 22, 2007

気がつけば皆ワーキングプアー

という事態もあり得るのが、これからの日本。

Continue reading "気がつけば皆ワーキングプアー"

| | Comments (2)

July 21, 2007

いずれ長期金利は暴騰する

20日のDOWは149$下げましたが、これが意外という人はいないと思います。

Continue reading "いずれ長期金利は暴騰する"

| | Comments (0)

July 19, 2007

まあ、のんびり行きまっしょい

日経平均は2時頃から上昇したようですが、消費者金融の再編というテーマに興味はありませんし、鉄と海運だけで相場全体を引っ張って行けるのか、というと否定的にならざるを得ません。

Continue reading "まあ、のんびり行きまっしょい"

| | Comments (0)

July 18, 2007

日本人に取って円売りは大したリスクではない

日経平均は-200円。

香港市場もH株中心に大きく利食いされました。

Continue reading "日本人に取って円売りは大したリスクではない"

| | Comments (0)

July 17, 2007

良いじゃないか、ベトナム

ベトナムが決勝トーナメントに勝ち残りました。

カタール、UAE、日本、ベトナム。
この組み合わせを見たら、普通はベトナムの最下位決定と思うでしょう。

Continue reading "良いじゃないか、ベトナム"

| | Comments (0)

July 15, 2007

鉄の次はアルミか

新日鉄とミタルは、欧州での自動車用鋼板の供給と北米市場での合弁事業など今後の提携に向けて覚書を結びました。

2001年に新日鉄と旧アルセロールが結んでいた提携は、欧州に進出した日本の自動車メーカーへ鋼材を提供する目的でしたが、反ミタル陣営を構築するという戦略的な意味合いもあったはずです。

Continue reading "鉄の次はアルミか"

| | Comments (0)

July 14, 2007

「素人以上プロ未満」のための経済・金融入門

Igarashi_2
矢吹藍子さんがキャスターだった頃のMSを懐かしむ声は多いのではないでしょうか。

Continue reading "「素人以上プロ未満」のための経済・金融入門"

| | Comments (0)

商品価格は世界の緊張と欲望を映す

DOWはこの2日間で330$も上昇しました。

住宅市況の調整とガソリン価格の高止まりはあっても、消費は引き続き堅調だろう、という心理が広がったようです。

Continue reading "商品価格は世界の緊張と欲望を映す"

| | Comments (0)

July 12, 2007

円は借りる以外に使い道はあるのか

日銀は8対1で金融政策現状維持。

維持したというよりも、上げるチャンスをなかなか見つけられずにズルズルここまで来ているという表現が正確かもしれません。

Continue reading "円は借りる以外に使い道はあるのか"

| | Comments (2)

July 11, 2007

全ての円高局面は円の売り場

と考えた対応で利益が出るのですが、これで日本は大丈夫なのか、という気がします。

Continue reading "全ての円高局面は円の売り場"

| | Comments (0)

July 10, 2007

H株は止まらない

中国の貿易黒字がさらに拡大しています。

6月の黒字額は前年同月比85%増の269億ドルと、単月ベースで過去最大。
1―6月の貿易黒字が前年同期比で83%増。

Continue reading "H株は止まらない"

| | Comments (0)

July 09, 2007

当局はバブル容認姿勢

H株指数は13000を超え、青天井になって来ました。

韓国、台湾などアジア新興市場全体が活況を呈する中、中国本土からの資金流入期待というプラスアルファがある香港市場は強気です。

Continue reading "当局はバブル容認姿勢"

| | Comments (0)

July 07, 2007

高金利、資源高に日本は対応出来るのか

6日のNYは、金利上昇、原油高という悪材料があったものの、堅調な雇用とM&Aニュースが好感されたようです。


Continue reading "高金利、資源高に日本は対応出来るのか"

| | Comments (0)

July 04, 2007

このブログは中国株専門ではありません

が、今はここが一番面白い相場です。


Continue reading "このブログは中国株専門ではありません"

| | Comments (0)

July 03, 2007

香港は熱狂と思惑の受け皿

米国債券市場では久々に10年金利が5%割れしていますが、日本も一時より大分落ち着いて1.86%。
日米金利差は3.1%程度を維持しており、為替市場でのドル円相場に大きな影響は無さそうです。

Continue reading "香港は熱狂と思惑の受け皿"

| | Comments (0)

« June 2007 | Main | August 2007 »