« まだ下げが甘いということでしょう | Main | 下がれば上がるもの »

January 16, 2008

アジアの下げはNYの下げを催促している

日経平均は-468円。
香港も、ハンセン指数-5.4%、H株指数が-6.5%と、一応はセリクラ的な下げ。

今晩DOWが500$下がれば、まあまあ悪いシナリオが織り込まれたレベルに到達し、リスタート可能になると思います。

アメリカの不動産バブルの崩壊を受けて、世界の不動産市場は急激に下を向いています。

アメリカと同じように、金融への依存体質を作り上げたイギリスは、ポンドの下落を見ても、一番厳しいのは明らか
今日のロイターでは、「10─12月の英住宅価格指数、1992年11月以来の低水準」とあります。

シンガポールでも2~3割の調整が始まっていると聞いています。

中国も昨年12月の引き締め以来、相当の下げとなっているはずで、昨年末は深セン、今年に入って上海、北京で不動産仲介会社がバタバタ倒産しています。

中国は年明けから元高誘導、公共料金や食品価格の値上げ実質禁止、預金準備率引き上げと矢継ぎ早に対策を打ち出していますが、これらがインフレ防止に適切な効果を上げるかどうかは未知数で、政策のリスクも囁かれ始めています。

香港市場は、こうした内外の悪材料をガンガン織り込んでいますから、ある意味健全です。

J-REITもざっとピークの4割引セール。
中小リートは30万円台が当たり前。

今や優良リートでもスプレッドが2%ある水準まで下がって来ましたし、特に住宅系は配当利回り6%、7%がゴロゴロ。

長いREITの歴史を持つアメリカでは、不況の時に住宅リートが評価され、今やオフィス、住宅という格差はほとんどありません。

日本経済が低迷し、高利回り商品が枯渇する状況において、いずれは住宅リートのディフェンシブ性が評価されて来るのは、ごく自然なストーリーかと思います。


この記事が参考になりましたら BlogRankingに一票をお願いいたします。


|

« まだ下げが甘いということでしょう | Main | 下がれば上がるもの »

Comments

こんばんは、、すごい下げですね(笑)。。ずたずたになった後、さくっと優良資産を買いたいと思っています。。さて、J-REITのお話ですが、恥ずかしながら私J-REITについては全く門外漢なので、お勧めの情報収集法やお好みの銘柄などあれば教えて頂ければ助かります。。どうぞよろしくお願いいたします。

Posted by: Blue | January 16, 2008 at 11:14 PM

商品の歴史が浅いため、いまだに評価の定まったサイトは少ないのですが、とりあえず、
http://www.japan-reit.com/

http://homepage2.nifty.com/ykf/
をご紹介しておきます。

Posted by: akazukin | January 17, 2008 at 07:07 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« まだ下げが甘いということでしょう | Main | 下がれば上がるもの »