« 政策の手詰まり感は強い | Main | デフレ脱却期待は正当か »

June 12, 2008

「麦とホップ」は不況入りのサインか

Fds0806041557003n1
久々にヒットの予感を感じさせるビール系飲料ではないかと思い、買ってみました。

近くのローソンに寄ってみると、棚に残っていたのは1本のみ。
試してみようという人は多いようです。

味は確かにビールそっくりです。

若干コクと風味に欠けるところがあり、飲んだ後に本物っぽくない苦味が舌に残ります。
昔のサントリーのビールに似たライトな感じといえば良いでしょうか。

私は普段キリンゴールド、エビス、ギネスなどを飲んでいます。

発泡酒や第三のビールの味に接していないので、本物のビールとの差を判断するには適任ともいえますが、うっかりするとCMどおり「不覚にも間違えてしまう」かもしれません。

今後さらに相場の低迷が長引いて節約を迫られた場合、多くの人の選択肢になるでしょう。

振り返ってみると、不景気の入り口では「モツ鍋」「100円ショップ」など、廉価商品にヒットが登場するものです。


この記事が参考になりましたら BlogRankingに一票をお願いいたします。

|

« 政策の手詰まり感は強い | Main | デフレ脱却期待は正当か »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 政策の手詰まり感は強い | Main | デフレ脱却期待は正当か »