« July 2008 | Main | September 2008 »

August 31, 2008

なぜプーチンは強気なのか(2)

FTが「Russian market soured by Georgian conflict>(ロシア市場はグルジア紛争で機能停止)」という記事を載せています。

これによれば、市場での起債額は前月比87%減、IPOなどエクイティ市場も前月が993M$が3M$と激減の様子。

Continue reading "なぜプーチンは強気なのか(2)"

| | Comments (0)

August 30, 2008

東証は何を指導しているのか

7974_o

金曜日、任天堂が連結最終利益を3250億円から4100億円に上方修正し、瞬間沸騰してストップ高で引けました。

Continue reading "東証は何を指導しているのか"

| | Comments (0)

August 28, 2008

なぜプーチンは強気なのか

ロシアの歴史を遡ると、1613年ロマノフ王朝が成立。
江戸時代の始まりと、ほぼ同時期。

ロマノフ王朝は人口の9割が農奴という、今でいえば超格差社会。

日本の士農工商の方が流動性があったと思われます。

Continue reading "なぜプーチンは強気なのか"

| | Comments (0)

August 27, 2008

投資優遇は必須の政策

東証1部の売買代金は1兆3441億円と、またまた今年最低を更新しました。

金融庁が税制改正要望を出している日本版ISA。

本家の制度に関しては↓が詳しいようです。

http://www.news-digest.co.uk/news/content/view/1266/208/

Continue reading "投資優遇は必須の政策"

| | Comments (0)

August 26, 2008

市場は次の悲鳴を待っている

東証一部の売買代金は、昨日が1兆3841億円。
今日は1兆3769億円とさらに減って、年初来の最低金額を更新しました。

エクイティを持つ投資家は、静かに次のセリングクライマックスを待っています。

Continue reading "市場は次の悲鳴を待っている"

| | Comments (0)

August 25, 2008

どうなる五輪後の中国

北京五輪が閉幕。

日本は金メダル9個 男子4 女子5。
総メダル数25個 男子13 女子12。

実際のメダルの数以上に、女性上位の印象が残りました。

Continue reading "どうなる五輪後の中国"

| | Comments (0)

August 24, 2008

映画「落語娘」

当然ながら、大きな期待を抱いて見に行く映画ではありません。

ちょっと小粋に客を楽しませる、というのが製作スタッフの目的だとしたら、まあ8割がたは成功したかな、というレベル。

Continue reading "映画「落語娘」"

| | Comments (0)

August 23, 2008

貯蓄(国内)から投資(海外)へ

原油は木曜日に5%上がり、金曜には急落して、「行って来い」。

商品相場は全体には底打ち模様ですが、世界的な景気後退観測により上値を抑えられています。

但し、米ロだけでなく世界的な緊張関係は多極化により構造的なものとなるでしょうから、原油価格の底割れも現実的ではなく、上にも下にもトレンドは見えにくい状況です。

Continue reading "貯蓄(国内)から投資(海外)へ"

| | Comments (0)

August 21, 2008

相場は時間を遡る

低金利によるドルばら撒きは継続していますが、投資家の心理は超慎重姿勢に後退。
世界的な景気後退が意識され、過剰流動性は収縮して待機マネーとなり、リスク資産はドンドン過去の水準に戻っています。

Continue reading "相場は時間を遡る"

| | Comments (0)

August 20, 2008

J-REIT雑感(5)

リプラス・レジデンシャル投資法人が増資+TOBを発表して1週間。
今日の終値が198,900円。

投資口価格(株価)は20万円弱で落ち着いたようです。

Continue reading "J-REIT雑感(5)"

| | Comments (2)

August 19, 2008

アーバンコーポレーション、疑惑の転換社債

アーバンコーポレーションが発行したCBのスワップ契約が問題視されています。

アーバンの公式発表はこちら。
http://www.urban.co.jp/pdf_copy.php?year=2008&file_name=NewsRelease_000859.pdf

Continue reading "アーバンコーポレーション、疑惑の転換社債"

| | Comments (3)

August 18, 2008

劉翔ショックか

ドルの買い戻し、クロス円での円高もさすがに一服。

原油も110$目前で下げ粘る中、大きく売られているのは中国株。

Continue reading "劉翔ショックか"

| | Comments (0)

August 17, 2008

結局日本人はどちらの生き方を選択したいのか

週刊「ダイヤモンド」の『「超」整理日記』で、いわゆる「円安バブル」のテーマが、また取り上げられています。

要点は、下記の通りです。

Continue reading "結局日本人はどちらの生き方を選択したいのか"

| | Comments (0)

August 16, 2008

映画「闇の子供たち」

幼児売春や臓器売買。

今さらながらの感はあっても、この種のテーマに真正面から向き合った映画は少ないので、その心意気は評価されます。

しかし、全てが中途半端。

Continue reading "映画「闇の子供たち」"

| | Comments (0)

来年は不動産黄金時代の再来?

Financial Timesが8月11日付けで、日本の不動産がピンチ(Japanese property feels the pinch)、という記事を載せています。
(http://www.ft.com/cms/s/0/77caefb4-67be-11dd-8d3b-0000779fd18c.html?nclick_check=1)

Continue reading "来年は不動産黄金時代の再来?"

| | Comments (2)

韓国の迷走

アジア通貨危機をダイナミックなリストラで乗り切った韓国は、中国や中近東でのブランドイメージ浸透でも日本を凌駕し、通貨ウォンも昨年夏は100ウォン=13円。
1万円が7700ウォンにしかなりませんでした。

Continue reading "韓国の迷走"

| | Comments (0)

August 15, 2008

プーチンの野望とユーロの趨勢

001030815

ユーロの下げは、対ドル1.50割れ後も止まらず、下げ始めた7月下旬以降、ほとんど陽線がない状態です。

Continue reading "プーチンの野望とユーロの趨勢"

| | Comments (2)

August 14, 2008

FRBはジンバブエを笑えるのか

ジンバブエのインフレ率が220万%を超え、100億分の1のデノミをしたというニュースはまだ記憶に新しいところです。

Continue reading "FRBはジンバブエを笑えるのか"

| | Comments (0)

August 13, 2008

やはり逝ってしまった

アーバンコーポレーション、民事再生法です。

風説によれば、残るはASSETとジョイントです。

Continue reading "やはり逝ってしまった"

| | Comments (3)

この円買いは持続するのか

ユーロドルの下げに連れて売られるユーロ円。
今日は一時161円台。

豪ドル円は先月下旬104円が、あっという間に10円安レベル。
今朝はNY時間で節目の96円を割れたこともあり、一気にロスカットが入りました。

Continue reading "この円買いは持続するのか"

| | Comments (0)

August 11, 2008

ユーロが語るストーリーは

ユーロは先週の流れを引き継いで弱く、ユーロドルは1.50割れ、ユーロ円は一時163円台まであり、現在は164円台後半。

Continue reading "ユーロが語るストーリーは"

| | Comments (0)

August 10, 2008

「ダークナイト」は問いかける

話題の傑作、いや問題作「ダークナイト」を見ました。

「平和の祭典」に合わせてロシアとグルジアでは戦火。

北京では通り魔、ウイグルではテロ。
皮肉なことに五輪期間中の中国は、これまでで最も危険になっているともいえそうです。

Continue reading "「ダークナイト」は問いかける"

| | Comments (0)

August 09, 2008

ドル買戻しは持続するのか

WTIがピークアウトして約1ヶ月。
マーケットはターニングポイントを通過したようにも見えます。

Continue reading "ドル買戻しは持続するのか"

| | Comments (2)

August 07, 2008

自ら空洞化させる日本人

為替市場では、ほぼ悪材料が出尽くしている(だろう)ドルに対し、これから実体経済が悪化する(だろう)他通貨が売られる展開で、ドル円も109円台の円安水準です。

Continue reading "自ら空洞化させる日本人"

| | Comments (1)

August 06, 2008

下げ渋る豪不動産マーケットは本物か

アメリカの負の影響が世界各地に伝わる程度については、大雑把に言って、

英国>ユーロ圏>オーストラリア

だと思います。

Continue reading "下げ渋る豪不動産マーケットは本物か"

| | Comments (0)

August 05, 2008

誰がクジラの面倒を見るのか

日経ジャスダック平均は、あの3月安値を更新して年初来安値。
マザーズ、ヘラクレス指数は連日の算出来安値更新。

景気好転期には動きの軽い新興銘柄が先行して相場を牽引しましたが、今のようなサバイバル戦では、体力がない企業は見切り売りに晒されるだけで、打つ手なし状態です。

Continue reading "誰がクジラの面倒を見るのか"

| | Comments (0)

August 04, 2008

個人の日本離れ鮮明

市場の評価は激辛。
内閣改造失望売り(?)が炸裂しました。

日経平均は-1.23%ですが、個別にはかなりエグイことになっています。

Continue reading "個人の日本離れ鮮明"

| | Comments (2)

August 03, 2008

過大評価の修正が始まる

原油価格はやや下がったとはいえ高水準。
その他の市場においても、世界経済の本格的な減速は、まだ十分織り込まれていないように感じられます。

Continue reading "過大評価の修正が始まる"

| | Comments (0)

August 02, 2008

ドンドン過去に戻る政治と株価

福田改造内閣は僅かに残っていた小泉色が一掃され、「官僚の安心が実現される内閣」となりました。

郵政造反議員も復権。
堂々たる「大きな政府」志向。

Continue reading "ドンドン過去に戻る政治と株価"

| | Comments (2)

なぜ今「蟹工船」なのか

2008年度版労働経済白書を見ると、苦悩する若年層の姿が浮かびます。


Continue reading "なぜ今「蟹工船」なのか"

| | Comments (0)

August 01, 2008

相場はマイナスサムへ

昨日は任天堂がS安、今日はNECがS安。
コマツが3000円から、わずか6営業日で2500円。

Continue reading "相場はマイナスサムへ"

| | Comments (0)

« July 2008 | Main | September 2008 »