« 貯蓄(国内)から投資(海外)へ | Main | どうなる五輪後の中国 »

August 24, 2008

映画「落語娘」

当然ながら、大きな期待を抱いて見に行く映画ではありません。

ちょっと小粋に客を楽しませる、というのが製作スタッフの目的だとしたら、まあ8割がたは成功したかな、というレベル。

女だてらに落語家を目指す「香須美(かすみ)」は、師匠の「三々亭平佐(さんざんていへいざ)」の一人っきりの一番弟子。
しかし平佐は遊び人で落語界の鼻つまみ者。
ろくに稽古もつけません。

そんな平佐が金に困ってテレビの企画に乗り、演じた者が必ず死ぬ、という禁断の演目に挑戦。
香須美はそんなダメ師匠を見限ることを勧められます。

金にだらしはないが人情家の師匠を「津川雅彦」が、そんな師匠をどこか憎めない弟子を「ミムラ」が好演。

あえて大画面で見る必然性も薄く、TSUTAYAで借りて見るのが適当でしょうが、映画館まで出かけていって損をしたというほどヘボな出来でもありません。

「笑いに高尚もクソもない」と開き直っている分、軽い時間つぶしには持って来い。

二人の熱演に少しおまけして、78点。


この記事が参考になりましたら BlogRankingに一票をお願いいたします。


|

« 貯蓄(国内)から投資(海外)へ | Main | どうなる五輪後の中国 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 貯蓄(国内)から投資(海外)へ | Main | どうなる五輪後の中国 »