« なぜプーチンは強気なのか(2) | Main | どこまで行くのかクロス円 »

September 02, 2008

いまどきの老人は辛抱が足りない

福田総理の辞任は、唐突ではあるものの衝撃というほどではなく、ああやっぱりという程度が平均的な反応でしょうか。

方向性が見えにくかった福田政権に比べると、現在の自民党は、改革の中川、財政出動の麻生、増税の与謝野と、分類はわかりやすくなりました。

ばら撒き好きの公明党は麻生氏を歓迎ですが、国民の多くは財政支出に不満と不安を持っています。

いくつかの「迷著」で有名なリチャード・クー氏がブレインというところも真の知識層からは敬遠されるでしょうから、麻生さんでの選挙は、自民党が思っているほど都市部で強くないと思います。

安倍、福田の退陣の仕方は、旧来の永田町の常識とはかけ離れています。

アメリカが世界の覇権を失っていくのと同様、自民党も求心力が低下。

日本の意思決定システムは、高度経済成長期と基本的には大きく変わっていないため、制度疲労は顕著ですが、なかなか変化に対応しません。

総理の座も、昔ほど「おいしい」ポストではなく、さほど未練は感じないというのが本音だとすれば、「○○おろし」が活発になる前に自爆して投げ出すのも一つの策ということかもしれません。

窮屈なシステムで息が詰まるものの、時間をかけて制度改革するほど我慢も出来ない。
世相を反映し、各世代の様々な人々が自爆します。

非正規雇用社員なら通り魔、ポストがあれば突然の辞任、中間管理職は鬱病、子供は親殺し。

皇太子妃殿下雅子様も、周囲の組織が自分の思うように動かないため、自爆的に機能停止しています。


この記事が参考になりましたら BlogRankingに一票をお願いいたします。


|

« なぜプーチンは強気なのか(2) | Main | どこまで行くのかクロス円 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« なぜプーチンは強気なのか(2) | Main | どこまで行くのかクロス円 »