« ハイレバプレイ時代の終焉 | Main | 毎日何かが出てくる »

September 17, 2008

朝令暮改か君子豹変か

昨日は、公的資金は使わないと言っていたように思いますが、FRBはAIGに9兆円の融資を決定し、世界最大の保険会社は政府の管理下に入りました。

FRBの貸付金利スプレッドは8.5%。

全財産を担保に取り、納税者からの批判を出来るだけ避けようというスキームとなっています。

ベアスターンズは格安でJPモルガンへ、リーマンは破綻させてバークレイズが良いとこ取り、AIGは納税者の共有化。

一貫性がないとの批判も当然あるでしょうが、バブル後の日本をずっと見てきた身に取って、このスピード感は羨ましく思います。

アメリカ人は複数のオプションからリスクを取って選択をすることに慣れていると言われ、日本人は選択肢が一つになるまで議論をして「too late」になると言われています。

AIGがCDSで引き受けた保証残高は4000億ドル超、自己資本の5倍。
やはり「too big to fail」の法則は生きていると言わざるを得ません。

過剰なリスクテイクを制限するため、今後国際的にレバレッジをコントロールするルールが求められていくでしょう。

個人投資家も一定のレバレッジ制限を受け入れるべきです。
FXで100倍を売り物にしているサイバーエージェントFXなどは、そもそも認可されるべきではありません。

誰もが信用供与に躊躇するためドル不足となり、オーバーナイト金利も上昇しています。
まさに流動性の危機ですが、ドルが貴重になっているという意味ではドル高要因。
資金繰りのために発行されるサムライ債のドル転も円安要因。

しかし、金融業界のリストラは今後じわじわと消費に効いてきますし、FRBが利下げに追い込まれるとの見方も多く、ドルが買えるのか、という気もします。

ドルの強弱感は微妙ですが、そもそも金融業界の救済方法自体が「じゃぶじゃぶ路線」なわけですし、中長期ではやはり弱気に傾いて行きそうに思います。


この記事が参考になりましたら BlogRankingに一票をお願いいたします。


|

« ハイレバプレイ時代の終焉 | Main | 毎日何かが出てくる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ハイレバプレイ時代の終焉 | Main | 毎日何かが出てくる »