« September 2008 | Main | November 2008 »

October 30, 2008

バブル崩壊はキャリートレードを招く

FOMCは0.5%利下げ。
中国人民銀行も0.27%利下げ。
ECBは追加利下げ濃厚。
皆が下げるなら日本も下げる。

政策協調姿勢が評価され、相場は転換点を迎えました。

Continue reading "バブル崩壊はキャリートレードを招く"

| | Comments (0)

October 29, 2008

円安はありがたいけれど

28日のDOWは、最後の1時間で急騰して+889$。(+10.9%)

反発気運は地球を一周して戻ってきました。
日経平均は2日で、+14.6%。

Continue reading "円安はありがたいけれど"

| | Comments (0)

注意!

本日ヤフー掲示板に複数、rakutengoofy、shinkofukki、pakila010のHNで私のブログへのリンクが勝手に貼り付けてありますが、 私の宣伝行為と誤解されるような方法はお止めください。

| | Comments (0)

October 28, 2008

今こそ遠くを見る必要がある

昨日は商船三井の当然の下方修正にネガティブに反応し、今日はファナックが下方修正発表から猛然と上がり始めました。

新日鉄は+20%。

しかし、金融や不動産は改めて売られてS安だらけ。

Continue reading "今こそ遠くを見る必要がある"

| | Comments (2)

October 27, 2008

下げ渋るDOWは世界の迷惑

やはり下げ余地はアジアに持ち越されていました。

香港市場はハンセン指数が-13%、H株が-14%の歴史的な暴落。

日経平均は26年ぶりの安値。
買い板が薄いため、先物が下がりだすと、現物がすぐに底を抜けてしまいます。

Continue reading "下げ渋るDOWは世界の迷惑"

| | Comments (0)

October 26, 2008

日本の意志はどこにあるのか

24日(金)のDOWは-3.6%。

下げ幅は事前の先物市場のムードよりは小幅でしたが、それだけに下げ余地は来週のアジア市場に持ち越されたともいえます。

敢えて良い部分を探せば、DOWは10月10日のザラ場安値7882$を下値に、乱高下を繰り返しながら、底値を探っている様子。

Continue reading "日本の意志はどこにあるのか"

| | Comments (0)

October 24, 2008

「ブラックフライデー」となるか

日経平均は800円下がってバブル後安値に急接近。
このペースなら、あと10日も経たずに日本の株価はゼロになります。

DOWはブラックマンデーを超える暴落。
ユーロ円は1日で20円下がって105円。

Continue reading "「ブラックフライデー」となるか"

| | Comments (2)

October 23, 2008

どこまで下がるのかユーロ、そしてウォン

DOWが-5.7%。

韓国-7%、オーストラリア-4.4%、香港-3.6%という中にあってTOPIXが-1.97%だったのは、東京が一定のストッパー役となっているように感じました。

非常に珍しいことです。

Continue reading "どこまで下がるのかユーロ、そしてウォン"

| | Comments (2)

October 22, 2008

投げ売り復活

NY市場は最後の1時間が鬼門となっていて、昨日もラスト1時間で230$下げました。

追証のための売りと言われていましたが、もはやトラウマ化してしまったのかもしれません。

Continue reading "投げ売り復活"

| | Comments (5)

October 21, 2008

新興市場有利の法則は復活するのか

古くからの読者の方にはお馴染みの、JASDAQと日経平均の比較チャートです。
(青線がJASDAQ、赤が日経平均)

Jasdaqn225

Continue reading "新興市場有利の法則は復活するのか"

| | Comments (0)

October 20, 2008

資本主義に回帰する中華人民共和国

日本の最大貿易相手国は今や中国であり、この国が健全に経済発展するかどうかが、今後の日本株の命運を握っているといっても過言ではありません。

Continue reading "資本主義に回帰する中華人民共和国"

| | Comments (0)

October 19, 2008

アイスランド破綻の教訓

Locationiceland
人口32万人のアイスランド。

IMFによれば、2007年の一人当たりGDPが64500$(日本の1.9倍!)で世界4位。
最高で15.5%という高政策金利で欧州諸国から資金を集め、金融と不動産業がGDPの26%と肥大化し、とにもかくにも繁栄していました。

Continue reading "アイスランド破綻の教訓"

| | Comments (0)

October 18, 2008

そして誰も儲からなくなった

今振り返ってみれば、世界の投資マネーの流れは単純でした。

DOWが14000$を突破した昨年7月以降、サブプライム問題の発覚により、米国株式は頭打ち確定。

Continue reading "そして誰も儲からなくなった"

| | Comments (1)

October 16, 2008

暴落慣れ

昨日のNYの下げは「やっぱり」という感じだったと思います。

DOWは近々8000割れしないと底を見ない雰囲気です。

暴落慣れした日本株は、先日よりは下値を切り上げています。

Continue reading "暴落慣れ"

| | Comments (0)

October 14, 2008

次なる資本主義が必要か

日経平均+1171円は下げ過ぎの反動でしょうが、売買代金1兆9200億円という少なさは気になります。

新興不動産銘柄の反発は鈍く、REITは以前にも増して二極化。

市場はファイナンスが正常化するとは全く思っていないように見えます。

Continue reading "次なる資本主義が必要か"

| | Comments (1)

October 13, 2008

ドバイ、終わりの始まり

砂漠のバブル都市、ドバイ。

空前の世界好景気を背景に繁栄し、私募ファンドへの投資を求めて日本人営業マンが1泊3日の弾丸ツアーで出かけていました。

しかし、グローバル投資マネーが急激に内向きになり、少しでもリスクを避けようとする中、ドバイのリファイナンスが困難になりつつあるのではないかとの懸念が台頭しています。

Continue reading "ドバイ、終わりの始まり"

| | Comments (0)

October 12, 2008

DOWはどこで下げ止まるのか

アメリカの株価が、長期に渡る過剰なプレミアムを一気に清算しようと動いているのは、今や明らかです。

ネット元年といえる95年からのグローバリズムの勃興と金融中心社会への移行、それを強力に後押しした99年のグラム・リーチ・ブライリー法。

Continue reading "DOWはどこで下げ止まるのか"

| | Comments (0)

人はなぜ音楽を必要とするのか

資産が傷ついた週末。

一人音楽で心を癒す投資家たちも多いはずです。

人間の三欲は「飲む、打つ、買う」です。

Continue reading "人はなぜ音楽を必要とするのか"

| | Comments (0)

October 11, 2008

恐怖がリセットを呼ぶ

フランクリン・ルーズベルトは1933年の就任演説で

「the only thing we have to fear is fear itself」

と語りました。

市場は、ただ換金することだけが目的となった投資家たちが群れを成し、真性パニックとなった市場心理は、オールリセットボタンを押してしまいました。

Continue reading "恐怖がリセットを呼ぶ"

| | Comments (0)

October 09, 2008

投資法人も倒れる

次に逝く新興不動産はどこか、と思っていたら、投資法人でした。

今日終値71000円、S安に沈んだニューシティレジデンス(NCR)投資法人が民事再生法を申請。

保守的運用のはずの投資法人が資金繰りで詰まるのは前例のない失態であり、ファイナンスを甘く見た最低の運用会社といえます。

Continue reading "投資法人も倒れる"

| | Comments (4)

October 08, 2008

円安バブルの崩壊

日経平均は-952円で9203円。

昨日まで1万円だった底値目処が、いきなり9000円。
明日は8000円になるかもしれません。

Continue reading "円安バブルの崩壊"

| | Comments (4)

October 07, 2008

サムライの復讐

「日本の復活を誰も気にしていないが、侮ってはならない」と、ル・モンドは言ってくれています。

日経平均は-317円。

韓国、台湾、豪などは指数がプラスですから、やはり円高が重しになっています。

Continue reading "サムライの復讐"

| | Comments (0)

October 06, 2008

円高「チャンス」の到来

金曜日のNYが下げ、政策手詰まり感から投資意欲はさらに後退。

温存していた優良株も売るしかない、との心理が連鎖。
円高がさらに外需銘柄売りの背中を押した格好となり、日経平均は-465円。

Continue reading "円高「チャンス」の到来"

| | Comments (2)

October 04, 2008

日本人はもう少し自信を持ってよい

日経平均は-2%ですが、個別には大きく値を崩す銘柄が目立ちました。

コマツ-8.1%、ニコン-10.2%、任天堂-7%、TDK-7.8%、オリンパス-7%。

外国人にも人気の高い国際優良銘柄群が、今や外需依存の弱気銘柄に変じました。

Continue reading "日本人はもう少し自信を持ってよい"

| | Comments (2)

October 02, 2008

デット&エクイティ

ヘッジファンドが、どの程度デットでレバレッジをかけているかは無論マチマチでしょうが、LTCMは100倍。

K.グリフィン率いるシタデルで10倍、一般的な株式ロングショートのファンドで2~3倍程度ではないかと言われているようです。

Continue reading "デット&エクイティ"

| | Comments (0)

October 01, 2008

老害大国ニッポン

自分のミッションとは無関係な持論だけ主張して自爆する大臣。
旧来権益をぶっ壊すはずが、息子に世襲させる元総理。

他人の意見を聞かない頑固さと、感情優先で判断する幼児性。
これは老化の特徴です。

Continue reading "老害大国ニッポン"

| | Comments (0)

« September 2008 | Main | November 2008 »