« デジタルネイティブ | Main | 4割減の法則 »

November 11, 2008

今さらGMで騒ぐな

10日のDOW銘柄は-73$でしたが、最大の要因は、GMの23%の下げ。

GMの決算は、2008年1Qが純利益-32億ドル、2Qが-155億ドル、3Qが-25億ドル。
合わせて約2兆1000億円の赤字。

ちなみに2005年通期では105億ドル、06年は20億ドル、07年は387億ドルの赤字。

バランスシートは6兆円の債務超過。

比較的CASHに余裕があると見られていたクライスラーとの経営統合交渉も自ら破談にし、まるでアメリカ経済を人質にとって、政府に融資を脅迫するような姿勢をとっています。

この数年間、GMの本業が改善した具体的な事実は思い当たりませんが、ワゴナー会長は06年に 赤字が減ったことによるインセンティヴやストックオプションも含め、毎年10億円以上の報酬を得ています。

仮に政府が何兆円融資しようと、債務超過は解消しません。

債務超過を解消するには利益をあげるか、債務免除が必要。

まずは融資を引き出し、いずれは借金棒引きを言い出すのでしょうが、まるでかつての国鉄のような傲慢さです。

こんな会社が生き残るなどとは、トヨタの厳しい経営を見ている日本人なら、誰一人思わないでしょう。

世界の相場は、GMの破綻をさっさと織り込むべきだと思われます。


この記事が参考になりましたら BlogRankingに一票をお願いいたします。

|

« デジタルネイティブ | Main | 4割減の法則 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« デジタルネイティブ | Main | 4割減の法則 »