« 4割減の法則 | Main | 週末リスクが意識される »

November 13, 2008

次の金融帝国は中国だ

景気の良いタイトルは似合わない1日で、12日のNY、今日の日経平均、香港、H株揃って5%ほどの下げ。

為替市場は当然円高に振れ、再び弱気ムードになっています。

ソロスは、次の金融帝国は中国だと言っています。

翌日物LIBORが5%を越えるような異常事態はもう起こりそうにありませんから、狭義での金融危機は去ったものと判断されますが、株価の底打ちについては懐疑的にならざるを得ない状況です。

中国株に関しては、自分が買っていることもあり、一応底打ちを信じていると言わないと論理的ではありませんが、米国株に関しては信じる拠り所がない感じです。

ドルとユーロに関しては、明らかに不安心理が優勢です。

日本株に関しては、一部に安過ぎるものが残っていますが、全体感としては割安とは言い難い水準。
三菱商事の売られ方などは、いくら原油に連れ安といっても、かなりアグリーです。

基本的に3つの相場観が中心です。

・上がる銘柄はないが、戻る銘柄はある。

・中国が駄目なら全て駄目。

・ヘッジの円高ポジションは必須。


この記事が参考になりましたら BlogRankingに一票をお願いいたします。

|

« 4割減の法則 | Main | 週末リスクが意識される »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 4割減の法則 | Main | 週末リスクが意識される »