« November 2008 | Main | January 2009 »

December 31, 2008

不信という現実に回帰した1年

2008年は、ブッシュ8年間に形成された仮需が総決算され、振り出しに戻ってしまった1年間でした。

「キャッシュ・イズ・キング」と言われているものの、手元流動性への避難が進んだだけで、通貨の信用が増したわけではありません。

Continue reading "不信という現実に回帰した1年"

| | Comments (3)

December 29, 2008

ラストチャンスでは

パシフィックHDに出資する中国不動産企業の名前がリリースされました。
香港上場の中国浙江緑城集団(グリーンタウン)も含まれています。

日本が中国に買われていく時代が本格化していきます。

Continue reading "ラストチャンスでは"

| | Comments (0)

December 28, 2008

日本は内需の国

2007年度のGDPと貿易の統計です。

Photo_2

日本の輸出額のGDP比は16%。
ドイツは55%、中国37%、韓国41%に比べて断トツに低い数字。

Continue reading "日本は内需の国"

| | Comments (0)

December 23, 2008

投資したくない日本株

日中米の1年チャートを見ると、10月の大底、11月の二番底を経てどうにか落ち着きました。
Photo

GMはじめ考えられる材料はある程度織り込まれましたし、クリスマス、年末で参加者は減り、今年は実質終わりです。

H株(HSCE)は異常なほど谷が深かったので、戻りも急。
日本はリバウンドもここまで、といった雰囲気です。

Continue reading "投資したくない日本株"

| | Comments (0)

December 21, 2008

少し先を見たい

色々と拾い読みをしていると、LQDのチャートに注目している記事がありました。

Lqd


Continue reading "少し先を見たい"

| | Comments (2)

官民大戦争の兆候

私はこれまで、最も大きな格差は世代間での財産格差だと考えてきました。

しかし急速に、官民格差がより大きな不安定要因になりつつあります。

Continue reading "官民大戦争の兆候"

| | Comments (0)

December 20, 2008

ワーキングプアー川柳「振り込め詐欺 振り込めないから 大丈夫」

自動車産業を中心に急激な雇用調整が進み、年末を前に「雇用危機」が叫ばれています。

人的リストラの矛先が契約社員の期限前解雇にまで及んでいるのは、比較的企業の判断に甘い私から見ても、経営陣の傲慢と感じられます。

Continue reading "ワーキングプアー川柳「振り込め詐欺 振り込めないから 大丈夫」"

| | Comments (1)

December 18, 2008

今そこにある国益

素直に上下動し、次第に下値を切り上げる中国株。
為替に翻弄されて方向性が見えない日本株。
といったところでしょうか。

10月に買った鞍鋼は倍以上になり、同時期に買った三菱商事はまだ含み損です。

ドルへのレパトリが終わればドル全面安になり、金(ゴールド)と円、ユーロが上がる。

Continue reading "今そこにある国益"

| | Comments (0)

December 16, 2008

米上院はどうして救済法案を白紙に戻したのか

何度かご紹介していますが、超・格差社会アメリカの真実

現代アメリカの実像を理解するにあたり、私はこれ以上の本に出会っていません。

その著者である小林由美氏が語るビッグスリー救済法案。

Continue reading "米上院はどうして救済法案を白紙に戻したのか"

| | Comments (0)

December 15, 2008

絶滅に近い国「ニッポン」

今月からNHKオンデマンドが開始されました。

まずは、2004年にオンエアされた「NHKスペシャル 地球大進化 46億年・人類への旅」を見ました。

Continue reading "絶滅に近い国「ニッポン」"

| | Comments (0)

December 14, 2008

銅は高く、人命は安い

次に不足するのは銅だ メタル資源の限界 (アスキー新書)

中国資源株の定番ともいえる「江西銅業」を少しだけ持っていることもあり、ついタイトルに引かれて購入しました。

Continue reading "銅は高く、人命は安い"

| | Comments (2)

December 13, 2008

商品相場は終わっていない

過剰なレバレッジが排除された結果、商品市場も落ち着き、激しい上下動は減りました。

Photo_5
小麦の長期チャートを見ると、90年代から05年まで250$~300$で安定していたのが、ピーク1300$台で現在は450~500$前後。

Continue reading "商品相場は終わっていない"

| | Comments (2)

December 12, 2008

早く逝ってよ、GM!

米自動車法案は白紙に戻り、アジア株は急落。

しかしながら、そもそも最近の上昇による利食いのタイミングであったことも事実で、以前のような投売り一色ではありません。

市場はGM救済ではなく、GMの破綻を催促しているのかもしれません。

Continue reading "早く逝ってよ、GM!"

| | Comments (0)

December 11, 2008

ドルへの「引きこもり」は終わるのか

マーケットはビッグスリー救済策の投票を前に一喜一憂と評されていますが、所詮は時間稼ぎの融資。
チャプター11との実質的な差は、それほど大きいとは思えません。

ここまで来たら、一気に劇薬でも構わないと個人的には思います。

Continue reading "ドルへの「引きこもり」は終わるのか"

| | Comments (0)

December 09, 2008

円高株高?

日経平均は+66円と小幅でしたが、証券、不動産、海運など市況銘柄群が大幅上昇。
忘れられたセクター「J-REIT」も、破綻懸念銘柄を中心に大幅高。

海外も昨日から総じて堅調で外部環境は改善傾向にあり、普通に見ていれば少しは動いてみたくなる雰囲気になっています。

Continue reading "円高株高?"

| | Comments (0)

December 08, 2008

これはボンドバブル?

10ykinri
アメリカの長期金利は実にシャープに下げていて、1ヶ月で1%以上降下。

3.8%が2.7%になったということは、単純計算で債券価格は4割上昇です。

Continue reading "これはボンドバブル?"

| | Comments (0)

December 07, 2008

台湾経済は浮上できるのか

今年3月に台湾で馬英九総統が誕生した時、私は単純に台湾株は上がるのではないかと思っていましたが、まるで見当違いでした。
Photo_2

この半年で見ると、台湾株は日本よりもさらに悪い状況です。

Continue reading "台湾経済は浮上できるのか"

| | Comments (0)

December 06, 2008

もはや疑惑ではない

高知白バイ事件。

今週は忙しく、月曜日TV朝日「報道発ドキュメンタリ宣言」
なぜ私が収監されるのか~高知白バイ事故の真相~
を、ようやく今日になって見ました。

Continue reading "もはや疑惑ではない"

| | Comments (5)

当たり前の状態に戻ろうとしている

今週のビッグイベントといわれていた米雇用統計は、マイナス53万人と予想以上の減少でしたが、DOWは反発。
週間では-2.2%です。

Continue reading "当たり前の状態に戻ろうとしている"

| | Comments (3)

December 01, 2008

何がテロを支援しているのか

インドでの同時テロでは、パキスタンに拠点を置き、アルカイダが支援するイスラム過激派「ラシュカレトイバ」のメンバーが拘束されています。

アフガニスタンで勢力を復活させるタリバンは、ムシャラフ失脚後パキスタンでも力を増し、アルカイダとも協力しています。

Continue reading "何がテロを支援しているのか"

| | Comments (0)

« November 2008 | Main | January 2009 »