« 日米二弱の復活か | Main | ヘリコプター・ベンは正しいのか »

March 17, 2009

「枯れ木」はまだ燃えるのか

日経平均は大幅に3日続伸して8000円まであとわずか。

枯れ木は燃えやすい、と言いますが、そもそも商いが薄いところにショートカヴァー(or買い戻し)が入るとパチパチと軽く燃え上がるといった感じでしょうか。

オリックスが2日で29%上昇。
REITでは日レジ、日コマがそれぞれ3連続、4連続のS高。

ボロと言われたものほどリバウンド幅が大きいようです。

日本株は、上げれば上がるほど、これほど弱気が多かったのか、という事実を再認識します。

日立の社長交代。

62歳の古川社長が退いて、69歳の子会社会長が登板。

古川氏は「09年度は厳しい状態が続く。業績回復には人事刷新が必要だ」と述べたそう。

人事刷新の必要を叫びつつ、肝心のトップの交代が、これで一体良いんでしょうか。

もちろん、若ければ良いというものではありませんが、それほどまでに若手の人材がいないのか。

日立は、親(製作所)が弱く、子(建機、金属、化成)が強いグループと言われ続けていました。

それだけに、子会社会長という「あがり」の役職からの抜擢は、日立としてはそれなりのチャレンジなんでしょうが、これがチャレンジングである社風自体が、現在の衰退を招いた主因ではなかろうかと邪推してしまいます。

昨夜、社長交代会見のニュース映像を見ましたが、あまりに「痛々しい」印象だけが残り、とてもとても買う気にはなれませんでした。

この記事が参考になりましたら BlogRankingに一票をお願いいたします。

|

« 日米二弱の復活か | Main | ヘリコプター・ベンは正しいのか »

Comments

手厳しいご意見です(笑)。多少関わった身としてはぜひとも日立にがんばってほしいのですが。人材は結構いいと思うんですけどね~。

米国の住宅指数が意外によかったみたいです。
http://finance.yahoo.com/news/Newhome-construction-logs-apf-14662176.html

世界は不景気嘆き節ですが、私は少しづつ緊張してきました。

Posted by: Blue | March 17, 2009 11:21 PM

あれから丁度半年、と2日。
相場は悪材料に鈍感に、好材料に敏感になって来ましたが、まあ三寒四温のような地合いではないでしょうか。
欲しい物は大体買ってあるので、後は量を調節しながら、のんびり行ければ良しとします。

Posted by: akazukin | March 17, 2009 11:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 日米二弱の復活か | Main | ヘリコプター・ベンは正しいのか »