« ドル安相場 | Main | 中国共産党バンザイ! »

April 07, 2009

NCRの再生計画

昨年破綻したニューシティレジデンス投資法人(NCR)の再生計画が発表されました。http://www.ncrinv.co.jp/ir/topwhats/2009-0407-00001.pdf

NCRの最終バランスシート(H20年8月)は、こんな姿でした。

単位:億円
資産 負債
2039 1187
  資本(182068口)
  852

新たなスポンサーであるローンスターは1口15千円で新たに40万口(総額60億円)を引受け、さらには1口35千円でTOBをかけます。

全口TOBに応じたと仮定すると、新資本の部は582千口、払込総額12,372百万円。

単位:億円
資産 負債
1311 1187
  資本(582千口)
  124

ローンスターは、2039億円の簿価の不動産を、1311億円(64%)で買ったことになります。

金融危機後の実勢価格として2割引き、長期再生スキームのリスクプレミアムとしてさらに2割引き、といったところでしょう。

既に投資口を所有している投資家がTOBに応じるかどうかは、このB/Sに見切りを付けるか、それとも参加し続けるかを判断することです。

これまでと同等程度の運用が期待出来ると仮定すると、半年で約20億の最終利益。

これを582千口でシェアすると配当が3400円ですから、年間6800円でTOB価格35000円の19%。

また、資産価格に注目し、仮に36%ディスカウントでなく、20%引きと考えると、理論上投資口1口あたりの価値は76千円。

いずれにせよ、破綻後の市場取引価格は4000円~15820円でしたので、この間に大量に買ってTOBで逃げる人が一番高笑いが出来ると言えそうです。

ちなみに私はたった2口拾っただけなので、7万円のお小遣いにして終わりにします。

この記事が参考になりましたら BlogRankingに一票をお願いいたします。

|

« ドル安相場 | Main | 中国共産党バンザイ! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ドル安相場 | Main | 中国共産党バンザイ! »