« 選挙日程が決まる | Main | 市場低迷の裏でREIT争奪戦 »

July 15, 2009

誰が獲るのか、NCR

ビ・ライフ投資法人(大和ハウス)が、破綻したNCR(ニューシティレジデンス)のM&Aに乗り出すという記事が今朝の日経に出て、ビ・ライフ株(投資口)は10%上がりました。

本日開催されたNCRの債権者集会で、ローンスターをスポンサーとした現再生計画案は否決。

NCR側はあくまで現行案の修正で債権者との協議を進める意向を表明していますが、
http://www.ncrinv.co.jp/ir/topwhats/2009-0715-00000.pdf
ローンスターよりも良い条件が出てくるのであれば、債権者、投資家保護の立場に立つべき裁判所がそれを簡単に拒否できるとは思えません。

ビ・ライフ側も支援の意向を公式に発表。
(http://www.blife-reit.co.jp/cms/whats/20090715_190716fCbW.pdf)

現在のローンスターの投資口買取価格が35000円という低いスタート台であることも、大和ハウス側の交渉参入を容易にしています。

5月に開催されたNCRの投資主総会では、わずか35000円でローンスターに売るなら俺にも同額で買わせろ、という怒号が飛んだと噂に聞いています。

リートの合併に関する法整備がされたこともあり、NCRの資産は結構モテモテになって来ました。

ライブドアから予期せぬ配当が来たり、今回のNCRでも投資資金が少なくとも5倍になるなど、やはりディストレス投資においては、純資産価格との乖離がものを言うということを改めて認識しています。

今のJ-REIT市場は、特にダメダメリートほど、お宝なのかもしれません。

ローンスター+NCR経営陣VS債権者+大和ハウス。

そもそもNCRのスポンサーだったニューシティコーポレーションは、CBリチャードエリス出身者が中心となって設立された会社なので、これは外資系対日本勢の対決構図にもなっており、目を離せない戦いになりそうです。

この記事が参考になりましたら BlogRankingに一票をお願いいたします。

|

« 選挙日程が決まる | Main | 市場低迷の裏でREIT争奪戦 »

Comments

NCRの破綻発表後、初値が確か4000円でしたね。
ずさんな資金繰り管理が引き金になったと記憶しています。
舞台裏は判りませんが、勝手にシナリオめいたものを勘ぐらずに居られません。

Posted by: yamazakidog | July 15, 2009 09:15 PM

今後の「交渉」によって、そもそもなぜ「破綻」「民事再生」という道を選ばなければならなかったのか。
そして、それが最善だったのか、が明らかになる可能性もありそうに思います。

Posted by: akazukin | July 15, 2009 09:26 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 選挙日程が決まる | Main | 市場低迷の裏でREIT争奪戦 »