« 博多で蕎麦なら「加辺屋」さんです | Main | 完全に"キレた"河野太郎 »

September 21, 2009

今20代後半女性が最も市場価値が高い

Photo_220代から40代の男性数人で雑談をしていた時、この言葉に全員が肯きました。

20代前半は仕事の能力も低く、社会経験は浅く、例え容姿は若々しくてもその思考はまだ学生の延長です。

20代後半はまだ容色(死語?)の衰えは目立たず、一方で仕事でもプライベートでも「大人の対応」が期待できます。

30代になると、こちらも色々と気を使ってしまうのです。

20代女性と40代男性の関係に焦点を当てたのが、
いま20代女性はなぜ40代男性に惹かれるのか (講談社プラスアルファ新書)

男女とも平均結婚年齢がほぼ30才の今、20代後半は様々な意味で最も活動的であるはずです。

しかし、20代男性はガラスのハート。
ストレス解消は「睡眠」「音楽」「ゲーム」と内向的。
男だけが「狩り」のコストを負担することを疑問視し、出来れば「狩られたい」という気持ちが草食に向かいます。

30代男性は恋愛市場に存在しません。
社会に出て不況しか経験していない彼らは大変堅実。
早めに結婚し、家庭を大事にするマイホームパパ。
確かに私の知り合いの35歳男性は、嫁の実家近くに4LDKのマンションを買い、子供を風呂に入れる時間が至福の時だと語ります。

40代男性は「結婚しても恋愛したい」世代。
バブルを経験し、金を使った経験があり、デート慣れしています。

美味しい店と「やれる場所」を知り、ブランドも勉強。
メール世代ではないので、会話は上手。
昔覚えた気軽なジョークと今を生きるシリアスな話題、両方の引き出しがあります。
体力的にもまだ大丈夫で、テクは若い者に負けません。

20代女性にしてみれば、同世代同士の狩りでは武器にならない若さも40代相手なら極めて有効です。
40代男性は、完全に老いる前に「もう一旗あげたい」気持ちも強いはず。

負けしか知らない20代、30代に比べ、40代は成功体験があるため、「唯一外人に心理的に負けていない世代」。

恋愛市場は経済力と性的魅力の交換取引ですから、この世代間の組み合わせは必然のカップリングとも言えそうです。

この記事が参考になりましたら BlogRankingに一票をお願いいたします。

|

« 博多で蕎麦なら「加辺屋」さんです | Main | 完全に"キレた"河野太郎 »

Comments

失礼しますが、女も男性同様に、若い方が市場価値が高いんですよ。草食であっても、経済力に問題があっても。40代の男性にいかほどの性的魅力があるのでしょうか。自身の老いを目の当たりにすることが怖いというそれだけの理由で、未だに恋愛市場に居残る、そのことの問題を考えてはいかがでしょうか。ちなみに、釈尊もキリストも30代半ばにして出家、解脱しておられますよ。

Posted by: k | November 23, 2009 09:08 PM

あなたの文章が良くわかりません。
「女も男性同様に」の部分は、男も女性同様に、ですか。

いずれにしても、経済力や知力、経験値を含め、総合的に見て40代男性には十分に若い世代と対抗できる魅力があると思われます。


Posted by: akazukin | November 23, 2009 09:50 PM

私は20代後半の女性です。コメント1さんの言うように、40代の男性に魅力なんて感じません。よほどの事が無い限り、老いれば老いるほど恋愛対象としての価値は下がると思います。女性も男性同様、若い方がいいんです。ここでコメントを残したのは、世の男性達に間違った勘違いをおこさせないためです。


よく或る話で、50代の男性が、「俺はまだまだいける!」と思って、自分の子供程の20代女性を追いかけたりしていますが見苦しすぎます。


身の程をわきまえてほしいと思っています。間違っても、ガツガツと女あさりをしないでほしいです。自己認識に欠ける人にこういう人が多いと思います。

Posted by: nana | April 12, 2011 09:37 PM

男は寿命が女より短いだけあって40超えると老化のスピードがすごいです。対して女性はその世代でもアンチエイジングに労力をかけているのに、若さを維持する事に本気になてる男がどれだけいますか?そんなの真剣にしなくてもイケる、と甘く考えているのでは?出会い系サイトでも30後半~の人は写真で見る限り正真正銘「おっさん」ばかり。性の対象なんて見れませんね、

Posted by: 親父嫌い | July 05, 2012 11:45 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 博多で蕎麦なら「加辺屋」さんです | Main | 完全に"キレた"河野太郎 »