« 短期的心理が揺れても歴史の方向は変わらない | Main | 闇の病院-医者も貧困ビジネスに手を染める- »

November 03, 2009

Stronger signs of global recovery

今朝のFTのトップ記事は、「Stronger signs of global recovery」と、なかなか力強いタイトルです。

特にアメリカのISM製造業景気指数において、雇用指数が46.2から53.1と大きく改善したことを評価しています。

雇用を削減し過ぎた企業が臨時雇用を増やしているのだろうとの見方がされているようです。

文中、

From Seoul to San Francisco, manufacturing sentiment has recovered quickly from the sudden shock of the global recession last year,

という表現がされています。

ソウルからサンフランシスコ。

いよいよ取り残されて来ましたね。

この記事が参考になりましたら BlogRankingに一票をお願いいたします。

|

« 短期的心理が揺れても歴史の方向は変わらない | Main | 闇の病院-医者も貧困ビジネスに手を染める- »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 短期的心理が揺れても歴史の方向は変わらない | Main | 闇の病院-医者も貧困ビジネスに手を染める- »