« ギヤはニュートラルに戻った | Main | 中国も迷っているはず »

January 23, 2010

「やんちゃ坊主」は頑固爺さんを本気で怒らせてしまった

Photo
金融規制案を発表するオバマ大統領の後ろで、スターウォーズのヨーダのように睨みを効かせている巨人P.ボルカー。

ボルカーは、在任中に短期金利を20%にしたインフレファイター。
父親は真面目なタウンマネジャー(市行政官)であり、本人も生活費のやり繰りに苦労するほど質素な生活振りだったと言われています。

「清貧」が大好きな日本人好みの中央銀行トップです。

ボルカーの禁欲的な価値観からすれば、後任のグリーンスパンやグリードな投資銀行は、さぞかし腹立たしい存在でしょう。

あれほど自重しろというメッセージが発せられたにも関わらず、アメリカの金融業界は高額報酬を復活させ、自制不能の体質を晒しました。

だったら俺がルールを決めてやる。
オバマもそれに乗りました。

オバマの銀行規制は国を滅ぼす」などと言っても、強欲金融資本が慌てるのを見るのは多くの米国民にはむしろ快感でしょう。

なお、あのスティグリッツ教授は、ボルカーがレーガン政権から追われた時、
「彼が適度な規制緩和主義者であることをレーガン政権は信じなかったから解雇された(Paul Volcker, the previous Fed Chairman known for keeping inflation under control, was fired because the Reagan administration didn't believe he was an adequate de-regulator)」と語っています。

この記事が参考になりましたら BlogRankingに一票をお願いいたします。

|

« ギヤはニュートラルに戻った | Main | 中国も迷っているはず »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ギヤはニュートラルに戻った | Main | 中国も迷っているはず »