« February 2010 | Main | April 2010 »

March 31, 2010

排出権商人

良く取材してあるだけに、排出権取引に関わる専門用語が飛び交う場面が多くて読むのに疲れますが、このビジネスがホッキョクグマを助けることといかに縁遠いものであるかは伝わるストーリーになっていると思われます。

排出権商人のエピローグから。

『過去10年間、大気中の二酸化炭素の量が急増しているにもかかわらず、地球の気温上昇は止まっている。
(中略)

Continue reading "排出権商人"

| | Comments (0)

March 28, 2010

ドル円の上昇は続くのか

Photo_2
ドル円相場は短期的には上にブレイクした感じがあるものの、中長期的に見ると93円に強い壁があるといった見方が主流のようです。

ドル円相場は日米金利差と連動するとされますが、左のグラフを見ると、昨年の初め以来、長期金利との連動は失われています。

Continue reading "ドル円の上昇は続くのか"

| | Comments (0)

March 27, 2010

米中対立は世界を巻き込む

Z
予想以上の好調さを維持する米国株。
今一冴えないのが香港ハンセン、およびH株。

左のグラフで見ると、はっきり差が付きだしたのは3月10日頃。

Continue reading "米中対立は世界を巻き込む"

| | Comments (0)

March 26, 2010

米国金利の上昇

_tnx

米国の金利が急騰しました。

医療保険法通過→財政悪化懸念→5年債入札不調→債券売り→金利上昇→ドル買い。

こうした流れは、円安バイアスではあるものの基本的にリスクオフの方向であり、本来あまり歓迎すべきものではありません。

Continue reading "米国金利の上昇"

| | Comments (0)

March 25, 2010

修理か交換か

Ca3d0125
先週火曜日の日経新聞「経済教室」ですが、この中に、以下の記述があります。

「韓国のサムスンは、常にメンテナンスを行うスタッフが部品を満載した車でソウルなど都市部を巡回している。
家電製品故障の連絡を受けると、住戸を訪ね、1時間で基板やモーターを丸ごと取り替えてしまう。
日本では修理に出して1週間後にきちんと直って返って来るのが当たり前と考えるが、韓国の消費者は待てないのだ。」

Continue reading "修理か交換か"

| | Comments (2)

March 23, 2010

生方の乱-夏の結果はもう決まっている-

国民の声を代弁したら、副幹事長解任。
こうした権威主義には、そもそも組織論になじみにくい女性が特に反発します。

今や遥か昔に思える昨年夏の衆院選挙ですが、思い出してみると、投票の数ヶ月前から世論調査で民主党優勢が伝えられ、選挙活動に入る前に勝敗の帰趨は決まっていました。

今年の参院選は7月11日投票が有力。
既に4ヶ月を切りました。

Continue reading "生方の乱-夏の結果はもう決まっている-"

| | Comments (0)

March 21, 2010

世界の高級住宅地は高い

Akaj925_hkprop_d_20100317120606
中国本土での不動産バブルが世界中で懸念される中、香港では相変わらず高級住宅市場が活発のようです。

WSJによれば、香港で4650sqft(130.7坪)の3階建てタウンハウスが2.8億HK$(32.4億円・2480万円/坪)で売買されています。
物件名は高級住宅地として有名なセバーンロードから取った「セバーン8」。

Continue reading "世界の高級住宅地は高い"

| | Comments (0)

March 20, 2010

J-REITの本格反転はあるのか

先日発表された公示地価は、銀座でさえマイナス26%と、史上最低ともいえる結果でしたが、足元2月の首都圏マンションの発売戸数は前年比+11%、契約率71%と良く売れています。

現在の消費市場における、「割安だけが売れる」という現象の現われと言えそうです。

Continue reading "J-REITの本格反転はあるのか"

| | Comments (0)

March 14, 2010

なぜREGZAが売れるのか

WOWOWの「グレート・ネイチャー」を見ていたら、寝室用の20インチ液晶TVを大きくしたくなり、「価格ドットコム」で最近の販売状況を調べました。
すると、東芝REGZAが上位を独占。

買う買わないは別にして、なぜ人気が高いのかに興味が沸いて調べてみましたが、理由は次の3点に集約されそうです。

Continue reading "なぜREGZAが売れるのか"

| | Comments (0)

中国の不動産は曲がり角か

このところ一番のファッションだったユーロ売りがやや飽きられたこともあり、先週は意外に底堅い相場付きでした。
日本の個人は豪ドルの利益確定を行ったと日経は報じています。

おそらく今後大きめの押し目があれば、再び参加を考えているといったところでしょう。

Continue reading "中国の不動産は曲がり角か"

| | Comments (0)

March 09, 2010

なぜ中国は超格差社会となったのか

全人代に先立って開幕した人民政治協商会議では、収入の上位10%と下位10%の所得格差が、1988年の7・3倍から2007年には23倍にまで拡大したとの報告がなされました。

自分たちの政策失敗を極力隠そうとする共産党が、敢えてこうした「歪み」を発表したのは、これ以上の格差を容認すれば、農民革命から始まった共産党が再び農民からの不満で転覆するとの危機感が高まった証拠だと思われます。

Continue reading "なぜ中国は超格差社会となったのか"

| | Comments (0)

March 08, 2010

韓国にも負け始めた日本

昨年末、経済界に衝撃を与えたのは、UAEの原発を韓国のサムスン、ヒュンダイ建設を中心とするコンソーシアムが落札したニュースです。

原発に強いフランス連合やGE・日立のコンソーシアムを破っての契約獲得は、CEO大統領「李明博」の人気復活のきっかけともなりました。

Continue reading "韓国にも負け始めた日本"

| | Comments (0)

March 07, 2010

この国にも「共和党」が必要になっている

舛添氏、与謝野氏が谷垣総裁を批判。
古い自民党の崩壊は決定的です。

民主党では若手が小沢独裁の鳩山執行部を批判。
政策調査会の復活を求めています。

Continue reading "この国にも「共和党」が必要になっている"

| | Comments (0)

「日経」versus「WSJ」

世界的にニュースの有料化を目指す動きが高まる中、日経新聞は今月23日から現在の「NIKKEI NET」を日経電子版と改定し、月4000円とします。
新聞を購読していればプラス1000円。

バロンズを真似して日経金融を週間化した「日経ヴェリタス」のオンラインも、新聞購読者限定のサイト。

Continue reading "「日経」versus「WSJ」"

| | Comments (1)

March 06, 2010

キャスター税の導入有力か

Trd0912261358009p1
政府税制調査会専門家委員会(委員長=神野直彦関西学院大教授)は、税収不足を補うため、キャスター税(仮称)の導入を検討していることが、関係者への取材で判明した。

ある税調メンバーは、「キャスター付きの大型キャリーバッグは、駅構内等で騒音を発生し、舗装路面等のインフラにダメージを与え、混雑した時間帯を中心に事故も増えている。購入者から一定の負担を求めることは国民の理解を得られるだろう。」と話す。

Continue reading "キャスター税の導入有力か"

| | Comments (1)

« February 2010 | Main | April 2010 »