« 政治家には現実しかない | Main | 平日休んで走ろう »

April 12, 2010

ボローニャ方式

18112004id_8_bologna1


昨日「井上ひさし」さんがお亡くなりになりました。

私が最後に読んだ井上さんの作品は、ボローニャ紀行です。

「ボローニャ方式」とは何か、というと、地方自治と連帯ということになるのでしょうが、その背景には「自分で決める覚悟」が必要です。
ググった中では、下記サイトが良質でした。
「太郎の旅歩き(ボローニャ方式)」

イタリアは元々、都市国家連合として誕生しましたから、自治意識が強いのはDNAです。

何でもお上に頼る傾向が強い日本で地方分権が根付くかどうかは疑問ですが、まあ衰退国家が言い訳ばかりしていても仕方がないので、チャレンジするしかありません。

おそらく、成功と失敗が今より際立つ結果になり、上手くいかない地方自治体は、また文句ばかり言うことになるのでしょう。
ギリシヤのように。

この記事が参考になりましたら BlogRankingに一票をお願いいたします。

|

« 政治家には現実しかない | Main | 平日休んで走ろう »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 政治家には現実しかない | Main | 平日休んで走ろう »