« April 2010 | Main | June 2010 »

May 30, 2010

J-REITは負の暖簾をどう使うのか

日本レジデンシャル投資法人(NRI)の資産を新設合併の形で取得したアドバンスレジデンス投資法人(ADR)には、負の暖簾が500億円発生しました。

これは受け入れたNRIの資産価格と、そのために発行したエクイティ総額の会計上の差額概念ですが、要するに、それだけ安く買えた、ということです。

この利益は今期(平成23年1月)決算にて一気に利益計上される予定なので、業績見通しは、
「売上210億円、経常利益24億円、純利益524億円(!)」
と、純利益が売上の2.5倍もあるスーパー好決算になっています。

Continue reading "J-REITは負の暖簾をどう使うのか"

| | Comments (0)

May 29, 2010

まだドイツにハンディを与えるのか

ギリシャのデフォルト不安という激震はひとまず収まったものの、スペイン格下げなどの余震が発生し、欧州債務不安により、市場はいまだ不安定です。

欧州の中心ドイツは、ギリシャ問題への負担を渋った後、一人で勝手に市場の規制に乗り出し、ユーロ安を扇動。
結果的には自国産業に有利な状況を作り出しました。

Z左はこの6ヶ月のDOWとDAXの比較ですが、ドイツの勝ちです。

Continue reading "まだドイツにハンディを与えるのか"

| | Comments (0)

May 28, 2010

青い鳥を求めるペーパーマネー

27日のNY市場は大幅に反発。
株高、円安、資源高でした。

ユーロ/ドルの反発幅は、いまだ限定的。
欧州を良く知る投資家ほど、この地域が一つにまとまる難しさを理解しているのかもしれません。

Continue reading "青い鳥を求めるペーパーマネー"

| | Comments (0)

May 27, 2010

豪ドル円の平均値

中長期的に見て、今の豪ドル円水準はどこにあるのか。

00120100527

左は約12年間のグラフですが、長期移動平均線は80円近辺にあります。

Continue reading "豪ドル円の平均値"

| | Comments (0)

ユーロ安と資源高

ユーロは時折り反発するものの、今のところトレンドは依然右肩下がりです。

昨日のNY市場は、株安、ユーロ安、原油高。
これを受けてアジア市場では資源通貨が堅調です。

欧州圏が財政健全化のためデフレ圧力がかかると予想される一方、アメリカ経済の回復傾向や新興国の旺盛な需要により、商品相場の一段の下落は回避されそうになっています。

Continue reading "ユーロ安と資源高"

| | Comments (0)

May 25, 2010

クルム伊達、全仏14年振りの勝利!!

Oth1005252314020p1


これはもう、何と表現して良いのかわかりません。

本人のブログによれば、足の状態が悪く、満足に練習さえ出来ない状態だったようです。

Continue reading "クルム伊達、全仏14年振りの勝利!!"

| | Comments (0)

口蹄疫ウィルスの教訓

ポイントは二つあると思っています。

①初動の遅れが致命的だったという点。
②酪農家の負っているリスクが適正かという観点。

国は、いや県は、などと言っている現状を見ると、対応の責任が分散していることは明白で、そのことが初期判断の遅れに繋がったと考えられます。

一手に責任を負う部署があれば、体面上も、早く動かざるを得ません。

Continue reading "口蹄疫ウィルスの教訓"

| | Comments (0)

Nishikori Won!

Spl1005250503001n1


勝ちました!!

2-6
4-6
7-6
6-2
6-4

2セットダウンからの逆転勝ち。

Continue reading "Nishikori Won!"

| | Comments (0)

May 24, 2010

新興国通貨はなぜ暴落したのか

世界的な資産圧縮の動きが、よりレバレッジの高い新興国市場に顕著に現れた、といって良いかと思われます。

17日付けのFTの記事、「Hedge funds hit by May volatility」によれば、著名ファンドの多くが赤字で、いくつかのヘッジファンドは今年の利益を全て吐き出したとあり、状況はその後の1週間で、さらに悪化しているはずです。

Continue reading "新興国通貨はなぜ暴落したのか"

| | Comments (0)

Nishikori Is Back

Kei_nishikori_l_3

右ひじの故障から1年。 彼がようやく帰って来ました。

Continue reading "Nishikori Is Back"

| | Comments (0)

May 22, 2010

ユーロ反発の可能性はあるか

0522
株式市場やクロス円の大幅な調整に目を奪われがちですが、ユーロドルは19日の1.214を底に3日連続で下値を切り上げ、反発しているのが事実です。

元々多くのコバンザメファンドは、「1.2」まで下がってくれ、と祈っていた(?)とも言われていますので、ユーロショート大連合から、いち早く抜け出す動きが出て来たのかもしれません。

なお、海外資産を圧縮した欧州投資家の本国送金需要ではないか、との声もあります。

Continue reading "ユーロ反発の可能性はあるか"

| | Comments (0)

May 20, 2010

豪ドルVSカナダドル

Audcad

昨日少し触れましたが、あらためてこの両通貨の最近の動きを比較しておきたいと思います。
左のグラフのように、あの5月6日の急落以降、反発力にはっきりと差が付きました。

Continue reading "豪ドルVSカナダドル"

| | Comments (2)

May 19, 2010

ユーロ急騰(対豪ドル)

同じ資源通貨でも、加ドル>豪ドルが目立つので、これは米中代理戦争の勝者がアメリカだということを市場は示唆している。

今朝の段階では、そんな事を考えていたら、事態はさらに進展。

Longcharteuraud60m

左はユーロ/豪ドルですが、今日になってユーロが急騰。
今まで稼ぎ頭ともいえる、「ユーロ売り豪ドル買い」ポジションも解消の動きです。

Continue reading "ユーロ急騰(対豪ドル)"

| | Comments (0)

May 16, 2010

上海市場は何時切り返すのか(2)

コメントにお答えしようとしたら、かなり長くなってしまったので、以下のとおり、エントリーにさせて頂きます。

中国経済への懸念はインフレですので、これが沈静化すれば投資マネーが戻ってくると思われます。

今のところ当局は、預金準備率の引き上げで対応していますが、いずれ利上げと人民元切り上げが必要になると世界は見ています。

人民元の切り上げがあれば(上昇幅にもよりますが)、一旦は輸出関連企業が売られるかもしれませんが、A株アク抜けの可能性は非常に高いと思います。

Continue reading "上海市場は何時切り返すのか(2)"

| | Comments (2)

May 15, 2010

快走するBMWの株価

下げ止まらないユーロが売りを誘発し、14日の欧州株式市場は大きく下げました。

スペイン-6.6%、イタリア-5.3%、フランス-4.6%、ドイツ-3.1%、イギリス-3.1%。

ユーロがどこまで下げるのか、私には全く予想できません。

Continue reading "快走するBMWの株価"

| | Comments (0)

間人のお宿 炭平

Slideshow_1
GWに「間人のお宿 炭平」という宿に行って来ました。
間人は「たいざ」と読みます。

場所は丹後半島の西側。
Sumihei
京都から車で約4時間。
辺境とも言えるロケーションですが、関西系TVを中心に、メディアでも良く取り上げられています。

Continue reading "間人のお宿 炭平"

| | Comments (0)

May 14, 2010

上海市場は何時切り返すのか

Z
この半年ほど、香港市場はすっかりアメリカに負け。
15%ほど差が付きました。

香港市場は当然ながら本土の上海市場に影響を受けます。
その上海市場は長期スランプ。

理由は、金融引き締めやプチバブル崩壊により、企業業績の停滞が見込まれるから。
というのがアナリスト的な答えですが、巷で噂されているのは大量の「空売り」です。

Continue reading "上海市場は何時切り返すのか"

| | Comments (1)

May 13, 2010

ドイツ人は何に買い向かうのか

ECBが決定した救済策に最も批判的な国はドイツです。

怠け者ギリシャを助けることへの怒りが第一の理由ではありません。
ECBがユーロ債を購入するという金融緩和策がハイパーインフレーションを引き起こすという連想を与えたからです。

20081103_346761
第一次大戦後の超ハイパーインフレーションのトラウマから、ドイツ人が中央銀行に求めるのは、一にも二にもインフレファイターであることだけと言っても過言ではありません。

Continue reading "ドイツ人は何に買い向かうのか"

| | Comments (0)

大きなお世話か、文科省

昨日の7時のNHKニュースで、愛知県にある法科大学院の取り組みを紹介していました。

司法試験の合格率低下に悩むその大学院では、予備校と協力して受験対策を行ったところ、前年の合格者ゼロから4名の合格と「大躍進」し、生徒も教師も大喜び。

そこで登場したのが文科省。

Continue reading "大きなお世話か、文科省"

| | Comments (0)

May 11, 2010

ドルの人気は本物か

市場に催促されるかのように欧州で緊急支援策がまとまり、ひとまず市場は反発。

7日の朝に82円台で約定したカナダドルが91円台と、ほぼ10円アップしたので、今朝までに豪ドルを含めて全部売りました。

Continue reading "ドルの人気は本物か"

| | Comments (0)

May 09, 2010

ユーロ安はバーゲンセールか

止まりそうがないユーロ安を利用する一つの方法として、この機会に欧州の多国籍企業を買うという方法が考えられます。

今なら単純に安く買えるという理由の他に、もしユーロ安が長引けば、コストがユーロで収入が外貨の企業に有利に働くという理屈もあります。

Continue reading "ユーロ安はバーゲンセールか"

| | Comments (4)

米国雇用は回復中

ギリシャ発の金融不安によって脇役になってしまいましたが、米の非農業部門雇用者数変化(4月)は+29万人。
予想の+16万2000人を大きく上回りました。

2e3bf01859da11dfab2500144feab49a
グラフで見ると、回復トレンドは明瞭です。

Continue reading "米国雇用は回復中"

| | Comments (0)

May 08, 2010

世界の不動産市場は底を打った

FTの今日付けの記事「Worst is over for commercial property, according to DTZ
(注)DTZはイギリスの大手不動産コンサルティング会社

によれば、世界の10都市のうちの9都市で、商業不動産価格は「フェアバリュー」を取り戻している、とあります。

DTZは、今年グローバルベースでの不動産投資は5%増加、今後2年間は、年4%ペースで不動産価格は反発すると予想しています。

Continue reading "世界の不動産市場は底を打った"

| | Comments (0)

May 07, 2010

楽観の剥落

Dow
人間の命よりも、自分たちの「あぶく生活」の方が大事だと言わんばかりのデモ隊の態度。
それに乗じる無政府主義者。

世界は唖然としてパニックになりましたが、その背景には過剰な楽観が存在したことも事実です。

誤発注の可能性が高いとは言え、記録上、6日のDOWの安値は、9,869.62$。

前から言っていますが、最高値14000の7掛けが9800$。
実はこの辺りが適正値だと思われます。

Continue reading "楽観の剥落"

| | Comments (0)

May 06, 2010

ギリシャ国民は想定以上のアホだった

Erp1005052245008p2
ユーロ急落の原因が、ギリシャ国民の暴徒化であることは疑いありません。

救済策という恩をを仇で返すような暴動。

Continue reading "ギリシャ国民は想定以上のアホだった"

| | Comments (2)

May 01, 2010

God of warⅢ

God_of_war_3
「ゴッド・オブ・ウォー III」
本日クリアしました。

1、2はプレイしていないので、ストーリーのみ予習。
「イージー」レベルでトータル22時間かかりました。

Continue reading "God of warⅢ"

| | Comments (0)

« April 2010 | Main | June 2010 »