« May 2010 | Main | July 2010 »

June 27, 2010

甘えからの脱却を目指すキャメロン

David_cameron_1292386c
英国政府は、来年から付加価値税(VAT)を2.5%上げて20%にすることを含む緊縮予算を発表。
こども手当てや一部公務員の昇給停止など、国民に耐乏を求めました。

野党は景気回復に水をさす、福祉の切り下げだと反発しています。

通貨が国家のバランスシートを反映する(ギリシャ問題によるユーロ安が典型)と考えるなら、これはポンド買いです。

Continue reading "甘えからの脱却を目指すキャメロン"

| | Comments (0)

June 26, 2010

3時半起きはつらかったです

アンデルセン以外、イメージの薄いデンマーク。

実は今朝になるまで、首都コペンハーゲンに行った事があるのを忘れていました。

ローマへの直行便が取れず、トランジットのための1泊。
空港から乗ったタクシーはベンツ製。
Lrg_13687917
泊まりは左のダングレテール。

Continue reading "3時半起きはつらかったです"

| | Comments (0)

コモディティに注意

Z
赤がDOW、緑がコモディティETF(GSG)、青が米国10年金利(TNX)です。

景気が良ければ金利と株が上昇し、商品も需要増で上がる。逆は逆。
が基本ですが、今月は変調の兆しです。

Continue reading "コモディティに注意"

| | Comments (0)

June 24, 2010

挫折の類似性

Asi1006252158004p1


豪州で与党労働党の党首交代があり、首相がケビン・ラッド氏から女性のギラード氏へ変わりました。

ラッド氏は中道左派であり、親中派とみなされていました。
誰かさんと似ています。

ラッド氏は環境重視派でしたが、上院の二度の反対により、温室効果ガスの排出権取引制度導入に失敗。

鳩山氏も、温室効果ガスの25%削減を宣言しただけで、何もせずに終わりました。

Continue reading "挫折の類似性"

| | Comments (0)

甘えの構造

今回のW杯では、南米>欧州が各所で話題になっています。

イングランド選手
「ファンは最低、ブーイング最高、監督は「酒を飲むな」、女はいねえ、やってられねーぜ」

フランス人選手
「監督は変態、チームは変人、ボールは不規則、空気は薄い、ブブゼラうるせえ、練習ヤーメタ」

Continue reading "甘えの構造"

| | Comments (0)

June 23, 2010

豪ドル円は小休止

今週の豪ドル/円は、月曜日の朝、人民元ショックによって発生した窓を埋めた、という展開になっています。

同時に、長期的な中心線である80円には、引力があることも証明されました。

79.5円を超えたところから売り始め、全部は売り切らないうちに一幕終わったという感じです。

Continue reading "豪ドル円は小休止"

| | Comments (0)

June 21, 2010

誰もが下僕となった1日

世界中の投資家が人民元相場の動向に釘付け。

しかし、この相場は市場原理で決まるのではなく、中国「奥の院」のサジ加減ひとつ。
ご機嫌が悪くなれば、また固定。

まるで、全員が皇帝の顔色を伺う臣民になったよう。

Continue reading "誰もが下僕となった1日"

| | Comments (0)

宮里藍、念願の米国内優勝

2010062101000107___ci0002
これで既にシーズン4勝。(全11試合)
世界ランキング1位というのは、もちろん大変な快挙。

アッパレの一言なんですが、最終スコアを確認したところ、

Continue reading "宮里藍、念願の米国内優勝"

| | Comments (0)

June 20, 2010

中国は「超」漸進主義

中国人民銀行が、元相場の柔軟性を高めると発表したことで、週明け以降、穏やかな元高が予想されています。
5y
左のグラフで過去を振り返って見ると、人民元がドルペッグ化した2008年夏までの上昇幅は、2年間で約16%。

Continue reading "中国は「超」漸進主義"

| | Comments (0)

June 19, 2010

ユーロの大量ショートカヴァーが確認された

Cmeeur
シカゴ先物市場の投機的(Non-Commercial)ポジションの建て玉。
15日付けで、ユーロの対ドル売りポジションは、62360枚。

1週前の111945枚から、ほぼ半減。(56%)
その後の3日間でもユーロ高が進んでいる状況から推測して、さらにポジション整理が行われたものと考えられます。

Continue reading "ユーロの大量ショートカヴァーが確認された"

| | Comments (0)

June 14, 2010

カメルーンを応援します

サミュエル・エトオは、「あなたにとってサッカーとは」という問いに、「devoir」と答えていました。

NHKは「義務」と訳していましたが、英語でいうと、"must"や" have to"に近く、「僕にとってのサッカー?それは、やり続けなければいけないものだね」といったニュアンスかと思われます。

Continue reading "カメルーンを応援します"

| | Comments (2)

June 13, 2010

はやぶさ帰還ライブ

http://www.ustream.tv/channel/hayabusa-back-to-the-earth

を見ています。

追記:
録画もアップされました。

Continue reading "はやぶさ帰還ライブ"

| | Comments (0)

世界は利上げラッシュ

今月になって中央銀行の利上げが相次ぎました。

まず1日、カナダが0.25→0.50%。
G7では初めて。

9日にはブラジル。
一気に0.75%引き上げて10.25%。

Continue reading "世界は利上げラッシュ"

| | Comments (0)

June 12, 2010

ようやく5月相場が終わったのか

格言どおり、5月の荒波は相当に大きかった訳ですが、6月に入って2週が過ぎて、ようやく安定化の兆しが感じられるようになりました。

上海総合指数は、2500近辺で打たれ強くなりました。

豪ドルは74円で二番底を乗り切ったように期待されます。


Cmeaudシカゴ筋のAUD/USDポジションは最近では稀に見る少なさで、これで判断する限り、豪ドルの売り圧力は極小化していると思われます。

Continue reading "ようやく5月相場が終わったのか"

| | Comments (0)

June 10, 2010

スネオ

新社長「ただいまより取締役会を始めます。あれ、前副社長はどうした?」

秘書「伝言です。副社長を解任されたので欠席するそうです。」

新社長「また拗ねてるのか。
副社長じゃ無くなっても、まだ取締役だ。
そのくらいの理屈がわからんのか。

まあ仕方が無い。
ところで新副社長、引継ぎは済んだかね?」

Continue reading "スネオ"

| | Comments (0)

June 09, 2010

日経平均、今年最安値を更新

日本株は持っていないので実感ありませんが、そんなに日本を悲観すべき状況でしょうか。

政治家が右往左往して借金ばかり増やす中で、企業は健全なバランスシートを保っています。

何だかんだ言っても国債は国内で消化され、デパ地下にはスイーツが溢れ、電車は数分遅れただけで謝罪し、公務員のゼネストもなく、病院に行けば親切に治療してくれます。

Continue reading "日経平均、今年最安値を更新"

| | Comments (0)

今こそ欧州株?

一服しては、ズドーンと下がるユーロ。
スペインでも公務員がデモをしており、予断を許さない状況です。

EU首脳は、各国のデフォルトは防ぐでしょうが、ユーロを防衛するとは言いません。

それでも(だからこそ?)欧州株を買いたい場合、楽天証券の米国株ADRは一つの選択肢です。
その中から、主要な欧州銘柄をピックアップしてみました。

アクサ(AXA:仏)
アストラゼネカ(AZN:英)
ドイツテレコム(DT:独)
フランステレコム(FTE:仏)
グラクソ・スミスクライン(GSK:英)

Continue reading "今こそ欧州株?"

| | Comments (2)

June 07, 2010

「菅首相に期待」63%(毎日新聞)

新しい首相は、まだ何も失敗していないので、支持率が高いのは当然です。

ただまあ、「妄想癖のメルヘン坊や」と「理想の議会制民主主義を追求する独裁者」が二人とも消えたことで、内閣と党の体制は、かなり常識的なレベルになったと思う人が多いのも事実です。

Continue reading "「菅首相に期待」63%(毎日新聞)"

| | Comments (2)

June 06, 2010

アドバンス・レジデンス投資法人が公募増資

負の暖簾を利用した体質強化に努めるアドバンス・レジデンス投資法人(ADR)は、金曜日に公募増資を発表。
現在の投資口価格(株価)を基にすれば、約280億円を調達予定です。

既に簿価ベースで66億円相当の資産売却も行っており、着実にLTVの改善を進めています。

Continue reading "アドバンス・レジデンス投資法人が公募増資"

| | Comments (0)

始まったバブル崩壊

上海市場が相変わらず軟調な理由として、外部環境の不安定さに加えて、二つの大きな内部ファクターがあります。

一つは、いよいよ不動産市場の調整が始まったことです。

Continue reading "始まったバブル崩壊"

| | Comments (0)

イタリア人初の全仏制覇

View9419394

今年のローランギャロ女子シングルス決勝は、豪のストーサー(26歳)と、伊のスキアボーネ(29歳)という、年齢的にはフレッシュとは言い難いものの、新鮮な組み合わせとなりました。

もちろん、どちらが勝ってもグランドスラムのシングルスでは初優勝。

Continue reading "イタリア人初の全仏制覇"

| | Comments (0)

June 03, 2010

長期政権を望まない日本人

平成以降、あの宇野氏を皮切りに、合計14人が首相を務めました。

14人の平均在職日数は548日、丁度1年半です。

Excel表なしでは政治記事も書けません。

Continue reading "長期政権を望まない日本人"

| | Comments (0)

« May 2010 | Main | July 2010 »