« 長期政権を望まない日本人 | Main | 始まったバブル崩壊 »

June 06, 2010

イタリア人初の全仏制覇

View9419394

今年のローランギャロ女子シングルス決勝は、豪のストーサー(26歳)と、伊のスキアボーネ(29歳)という、年齢的にはフレッシュとは言い難いものの、新鮮な組み合わせとなりました。

もちろん、どちらが勝ってもグランドスラムのシングルスでは初優勝。

正直言って、女ターミネーターと呼ばれる「ムキムキ」ストーサーのパワーが勝ると思っていましたが、パワー全開だったのは、30歳を目前にしたスキアボーネ。

ランキング上位のストーサーの方が、むしろ緊張によって、せっかくの筋肉が固くなっており、一方のスキアボーネは小さな体(公称身長166cm)をフルに使い、開き直ったテニスを展開。

年齢的にも最後のチャンスかもしれないから大事にしようなどというセコイ考えを微塵も感じさせないダイナミックなプレイでコートを駆け回り、ついに夢を実現しました。

強い精神力があれば、日本人がグランドスラムでファイナルに出ることも十分に有り得る、という示唆を与えてくれた試合です。

錦織選手のウィンブルドンに期待したいところです。

この記事が参考になりましたら BlogRankingに一票をお願いいたします。

|

« 長期政権を望まない日本人 | Main | 始まったバブル崩壊 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 長期政権を望まない日本人 | Main | 始まったバブル崩壊 »