« 豪ドル円は小休止 | Main | 挫折の類似性 »

June 24, 2010

甘えの構造

今回のW杯では、南米>欧州が各所で話題になっています。

イングランド選手
「ファンは最低、ブーイング最高、監督は「酒を飲むな」、女はいねえ、やってられねーぜ」

フランス人選手
「監督は変態、チームは変人、ボールは不規則、空気は薄い、ブブゼラうるせえ、練習ヤーメタ」

ウルグアイ選手
「いやあ、新品のロッカールームは気持ち良いねえ。
わが国と違って試合は時間どおり始まるし(笑)。」

チリ選手
「全くだ。わが国と違って審判は一流(笑)。運営は問題なし。
こんなに注目されたことはないよ、サイコーの気分だ」

パラグアイ選手
「我が国と比べれば、ピッチはパーフェクト。自分のドリブルが上手くなったような気がするよ。(笑)
今日の試合も羊野郎をやっつけて1位突破だ!」

この記事が参考になりましたら BlogRankingに一票をお願いいたします。


|

« 豪ドル円は小休止 | Main | 挫折の類似性 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 豪ドル円は小休止 | Main | 挫折の類似性 »