« カメルーンを応援します | Main | 中国は「超」漸進主義 »

June 19, 2010

ユーロの大量ショートカヴァーが確認された

Cmeeur
シカゴ先物市場の投機的(Non-Commercial)ポジションの建て玉。
15日付けで、ユーロの対ドル売りポジションは、62360枚。

1週前の111945枚から、ほぼ半減。(56%)
その後の3日間でもユーロ高が進んでいる状況から推測して、さらにポジション整理が行われたものと考えられます。

ユーロドルの目標値を1.2と考えていたヘッジファンドが多かったことが裏付けられました。

もっとも、改めてユーロを売りやすい環境になっているともいえます。

これだけ大量の買戻しがあっても、ユーロドルは1.2から1.24程度と僅か3%しか上昇していないと考えれば、ユーロドルが1.3以上に戻ることなど有り得ない、スペインの銀行が抱えるリスクを考えれば、高値は安心して売れる、と見るべきかもしれません。

第二幕の有無は、さっぱりわかりません。

この記事が参考になりましたら BlogRankingに一票をお願いいたします。

|

« カメルーンを応援します | Main | 中国は「超」漸進主義 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« カメルーンを応援します | Main | 中国は「超」漸進主義 »