« シカゴ筋ポジションの確認(8/3時点) | Main | 国民は賢く、政治家は愚かになった »

August 10, 2010

ドル円は買えるか

「為替って交換レートですよね。だから、基本的に『ドルの底は抜けない』と昔から思ってるんです。
僕はクルーグマンに『ドルの底が抜ける』というのはおかしいだろうと言ったんです。
というのは、世界の金融資産の6割はドル建てなんですよ。
為替は交換レートだから、ドルを売ったら、その分、何かを買わないといけない。
世界の6割のものを大量に売って、他のものを大量に買うなんて不可能ですよね。」(松本大)

米国の景気減速、金利低下観測を背景にしたドル安円高圧力は大分弱まったように見えます。

このまま収束するかどうかは何とも言えませんが、短期筋の円持ちポジションはかなり大きく、何かイベントがあれば、巻き戻しが予想されます。

中国の日本国債購入も、そろそろ打ち止めでしょう。

今晩はFOMCですが、凄いものが出るわけがないので、追加金融緩和策への期待外れからとか何とかいって一時的に円高局面があれば、その辺りがアク抜けのチャンスとなるかな、みたいな事を考えています。

長期的に考えれば、USドルよりも加ドルという考え方も健全だと私は思います。
豪ドル円は、そこそこ短期筋のポジションがあるので、ボラタイルになる可能性が強く、より慎重に対応すべきだと感じています。

この記事が参考になりましたら BlogRankingに一票をお願いいたします。

|

« シカゴ筋ポジションの確認(8/3時点) | Main | 国民は賢く、政治家は愚かになった »

Comments

いつも更新ありがとうございます♪
多くのブログでドル円は「いつまで」「どこまで」下がるか?に話題が集まっているように感じますが、基本はまず上がるのか?下がるのか?でなければならないはず。
自分のロングポジションをもう少し信じたくなった記事でした。
AKAZUKINさんありがとうございます。

Posted by: そら | August 10, 2010 at 11:08 PM

そらさん、コメントありがとうございます。
ドル円はFOMC後も84円台突入を阻止する粘りを見せています。
そう遠くないうちに、90円近辺までの戻りは期待できるとの見方を維持しますが、私の見通しがストレートに当たることは極めて少ないので、どうぞ十分にご注意ください。

Posted by: akazukin | August 11, 2010 at 07:01 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« シカゴ筋ポジションの確認(8/3時点) | Main | 国民は賢く、政治家は愚かになった »