« 責任を語らない不思議政党 | Main | 高齢者は死なず、ただ消え去るのみ »

August 22, 2010

一二三(ひふみ)とは名字だと昨日知った

Osk201008210203
高校野球には全然興味なかったのですが、沖縄代表が準決勝で0-5から逆転したことを知って、決勝だけ見ました。

正直、興南高校の集中力に驚き、感心しました。

予選の成績を調べてみたら、6試合合計で47-3と圧勝。
「実力で3枚上でした」と、東海大相模のキャプテンが認めるのも素直に頷けます。

しかも春夏制覇。

精神的なこじつけ論は嫌いな方ですが、この結果は、昨年夏以降の普天間問題と切り離しては考えられないように感じます。

かつて、沖縄の方は、勝つたびに本土が近づく、と喜んだのだそうです。

勝手な解釈かもしれませんが、
この1年間、基地問題で散々無神経にいじくられ、踏みつけられ、こんな本土に負けてたまるか、目にモノ見せてやる、といった沖縄県民の方の意地と誇りが甲子園に舞い降りて結実したように思えてなりません。

沖縄関係者の皆さん、心よりお祝い申し上げます。

この記事が参考になりましたら BlogRankingに一票をお願いいたします。

|

« 責任を語らない不思議政党 | Main | 高齢者は死なず、ただ消え去るのみ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 責任を語らない不思議政党 | Main | 高齢者は死なず、ただ消え去るのみ »