« ドル全面安 | Main | 市場はインフレを見ている »

October 09, 2010

シカゴ筋ポジションの確認(10/5時点)

             (10月5日)     (9月28日)  (増減)
カナダドル       42678       27870    +14,808
スイスフラン      22599       19993     +2,606
ポンド          9403        ▲2194    +11,597
円           49206        28666    +20,540
ユーロ         48243        35330    +12,913
NZドル        16334        17270     -936
豪ドル         69036        69533     -497

カナダドル、スイスフラン、ポンド、円、ユーロ全てでロングが増加。
いわゆる「QE2」警戒のドル売りモードが進行中です。

オセアニア通貨は既にイッパイイッパイで、あまり持ち高が増えていませんが、強気には違いありません。

03_h
なお、ユーロ/ドルに関しては天井感を匂わせる、十字線二連発的なチャートです。


通貨安戦争が続いていることから、世界の目はかつて無いほど為替相場にフォーカスしています。

最大のターゲットは無論「人民元」です。

アメリカもFRBのバランスシートを拡大させる事実上のドル安戦略をとっていますが、ドルはアメリカだけが持っている訳でもありませんし、ドル安に対する様々なヘッジ手段も用意されています。

中国は新興国としての義務しか果たさず、権利は世界一主張しています。

EUに対しては、欧州政府債を購入する代わりに人民元安を容認しろ、と露骨なバーターを要求。
内政と同様に、「うるさい奴には金」で押し通そうとしています。

日本に対する恫喝外交も、世界を中国への圧力強化に動かしました。

人民元への切り上げ圧力も、劉暁波氏へのノーベル平和賞も、中国包囲網という同じレールの上にあります。

この記事が参考になりましたら BlogRankingに一票をお願いいたします。

|

« ドル全面安 | Main | 市場はインフレを見ている »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ドル全面安 | Main | 市場はインフレを見ている »