« 日経平均が10000円回復 | Main | パソコンの使用環境について »

November 20, 2010

シカゴ筋ポジションの確認(11/16時点)

先週は発表が遅れたIMMポジション。
今週は慣例どおり、アメリカ時間金曜夕方に出ています。

カナダドル   38441    37338
スイスフラン  7803    12615
ポンド      23771   21266
円        22858   36654
ユーロ      8606   23283
NZドル     23445   22250
豪ドル     36202   47616

6通貨合計で、対ドルロングの枚数が、201022から161126と2割程度減少。
特にユーロロングが大きく減少。

全体にドル売りが一服している状況を反映しています。

円も持ち高が4割近く減り、ドル円は1週間(11/9-11/16)で81円台後半から83円台前半へ。
一気に70円台に突入する事態が生じなかったことが、日本の安堵感を演出しました。

ドル円はもう少し頑張ってもらいたいところですが、世界が株高方向になると対ユーロでドルが売られることもあり、今のところ83円台後半の壁は厚く、上値は重そうな感触です。

再び80円に接近することが無ければ良しとすべきなのでしょうか。

この記事が参考になりましたら BlogRankingに一票をお願いいたします。

|

« 日経平均が10000円回復 | Main | パソコンの使用環境について »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 日経平均が10000円回復 | Main | パソコンの使用環境について »