« 企業は雇用の責任は負わない | Main | J-REITは第二幕が開いたのか »

December 05, 2010

シカゴ筋ポジションの確認(11/23時点)

金曜日に大きく動いてしまっているはずなので、参考程度に。

        (11月30日)  (11月23日)
カナダドル   19155     22499
スイスフラン  7824      8511
ポンド     ▲4864     10197
円        30006     27192
ユーロ     ▲7248    ▲8293
NZドル     18445     21069
豪ドル      26643     28471

ポンドの売り転換が目立ちますが、ユーロはこの時点では大きな動きなし。

オセアニア通貨は調整気味で、少しロングが減少。

円は2週連続でロングが増加しているのが、やや意外。
この間(11/16-11/30)、実際のドル円相場は83.25円-83.65円と、若干の円安方向です。

投機筋とは別に、良く言われる年末のドル需要など季節的な実需要因があるのかもしれません。

ユーロドルは大分戻ったので、ここからはむしろ売りから入ってみたいように見えますが、どうでしょうか。

ドイツと他のユーロ諸国の溝は深そうです。

最終的には政治的な妥協としてユーロ崩壊は避けられるでしょうが、その代償として経済的・心理的損失があちらこちらに発生するようにも思われます。

この記事が参考になりましたら BlogRankingに一票をお願いいたします。

|

« 企業は雇用の責任は負わない | Main | J-REITは第二幕が開いたのか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 企業は雇用の責任は負わない | Main | J-REITは第二幕が開いたのか »