« 3分でわかるエジプト | Main | 長友はインテルへ »

January 31, 2011

ASEAN+1

41上から、ベトナム、マレーシア、中国、タイ、インドネシア。

この5ヶ国の3ヶ月チャートは定期的にチェックしようと思っています。

現状ではベトナムが堅調。
昨年全く浮き足立ったところがなかった分、最近では海外からの投資資金が着実に入っている印象です。
日本の商社の動きも活発です。
通貨安、インフレなど問題は山積みですが、期待は先行しています。

マレーシアはとにかく下値が堅い。
他が爆下げしていても、下げは限定的。
既にある程度豊かな生活が実現していて、あくせくする必要がないところが物足りないというイメージです。
電力インフラが一定レベルに達して停電が殆んどないため、ハードディスクなど半導体系で「Made in Malaysia」の文字を目にします。

中国、タイ、インドネシアは下値模索が継続。
昨年大いにエンジョイした投資家が多く、最近はちょっとした事で利益確定売りがウジャウジャ出てくる印象です。

3ヶ国の内、もし暴落時に1国だけを買うとしたら、潜在的な内需ボリュームが大きく、金融未発達な(故にアップサイドが大きい)インドネシアかな、という気はしています。

この記事が参考になりましたら BlogRankingに一票をお願いいたします。

|

« 3分でわかるエジプト | Main | 長友はインテルへ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 3分でわかるエジプト | Main | 長友はインテルへ »