« December 2010 | Main | February 2011 »

January 31, 2011

ASEAN+1

41上から、ベトナム、マレーシア、中国、タイ、インドネシア。

この5ヶ国の3ヶ月チャートは定期的にチェックしようと思っています。

Continue reading "ASEAN+1"

| | Comments (0)

January 30, 2011

3分でわかるエジプト

Sufinkus今後しばらくエジプトのニュースにお付き合いさせられそうですから、おさらいです。

3千年を3分で駆け抜けます。

エジプトの語源はギリシャ語で「Aigyptos(アイギュプトス)」。
これはホメロス(BC8世紀)などの古い用例でナイル川を表しています。

「エジプトはナイルの賜物」と、著書「歴史」に書いたのは、古代ギリシアの歴史家ヘロドトス(BC5世紀)。

ギリシャ人に賞賛された古代エジプト文明は、BC30年、ローマに征服されますが、東ローマ帝国の弱体化(7世紀頃)と共に勢力を増すイスラム圏の影響下に入ることになり、16世紀にはオスマン帝国の傘下となります。

その後は軍事力を強めた欧州列強のターゲットとなりますが、1799年ナポレオンがエジプトに遠征したことでフランスの影響力が強化。(この時発見されたのが今は大英博物館にあるロゼッタストーン)
1869年にはフランスのレセップスを中心にスエズ運河が開通されます。

Continue reading "3分でわかるエジプト"

| | Comments (0)

今最もバルサに近い男

759118a2李忠成の決勝ゴールは、長友のピンポイントアシストから生まれました。

延長後半14分、フリーになっていた豪22番にチェックしてシュートを枠に飛ばさせなかったのも日本の5番。

Continue reading "今最もバルサに近い男"

| | Comments (0)

January 29, 2011

日銀、再びREITを買う

Chart23exe日銀は500億円のJ-REIT購入予算の2回目を執行しました。

左のグラフは金曜日のREIT指数の推移。

軟調だった前場に指数1100を切ったことでスイッチが入ったようです。

Continue reading "日銀、再びREITを買う"

| | Comments (0)

ローンスターは再び東京スター銀行を狙っている

Dscn8055ローンスターはダラス本拠の本格的ハゲタカファンドです。

2001年、経営破綻した旧東京相和銀行を3.39億$(278億円)で買収。
2005年にIPOさせて30%分を売却。
行名を東京スター銀行(TSB)に変更した後、2008年に2500億円で和製ファンドのアドバンテッジパートナーズ(AP)へ売却してEXITしました。

Continue reading "ローンスターは再び東京スター銀行を狙っている"

| | Comments (0)

原油が急騰

4b147c202af711e0a2f300144feab49aimg緊迫の度を増すエジプト情勢を受け、金曜日のNY市場で原油は4%以上急騰。
スエズ運河の閉鎖も連想されています。

原油は上がってもBPなど石油株は下げ。
資源通貨の豪ドル、カナダドルも売り。
新興国株式も下げました。

Continue reading "原油が急騰"

| | Comments (0)

January 28, 2011

日本国債が格下げ

今下げるなら、なぜもっと早く下げなかったのか。

といったサプライズはあるものの、為替市場の反応は条件反射の域を出ていません。

Continue reading "日本国債が格下げ"

| | Comments (0)

January 25, 2011

CPUを換えてみた

今月9日、インテルから新しいCPUが発売されましたので、交換してみました。

Core i7-860→Core i7-2600への移行になります。

Continue reading "CPUを換えてみた"

| | Comments (0)

January 23, 2011

イスラムに向かうジャパンマネー

WSJが「Japanese Banks Look to Indonesia, Malaysia 」という記事を17日付けで載せています。

これによれば、SMBCがマレーシアの体制を30人から100人にする計画とあり、思い切った人的投資を決断したようです。

Continue reading "イスラムに向かうジャパンマネー"

| | Comments (0)

「sengoku38」氏が語らなかったこと

Images昨日のTBS報道特集に一色正春氏が登場しました。

多くの国民が初めて肉声を聞いたわけですが、普通の実直な公務員という印象でした。

但し、「仙谷左派」、「仙谷さんはパー」など様々な迷解説があった「sengoku38」の意味についてだけは語りませんでした。

Continue reading "「sengoku38」氏が語らなかったこと"

| | Comments (0)

January 22, 2011

日本、苦しんで逆転勝利

201101228916801nサッカー日本代表は、敵地で2度リードされ、さらには10人になるというハンディを跳ね返し、精神的に非常に強くなったことを示しました。

ザッケローニ監督は就任当初から、日本は実力が高い、という発言を繰り返して選手に自信を持たせ、今大会に関してはサウジ戦で岡崎を先発起用してハットトリック。

Continue reading "日本、苦しんで逆転勝利"

| | Comments (0)

日銀がETFを買う日

日銀は住友信託銀行を通じて、ETFを4500億円分、REITを500億円分購入するとしています。

Gcexe昨日3回目のETF購入(累計430億円)がありました。

左のチャートを見れば、何時買うかはわかった、という感じですね。

Continue reading "日銀がETFを買う日"

| | Comments (0)

シカゴ筋ポジションの確認(1/18時点)

       (1月18日)   (1月11日)   (増減)
カナダドル   44055     47757     -3702
スイスフラン  6992      10818     -3826
ポンド      5794      ▲5090    +10884
円        20529     24736     -4207
ユーロ     4109      ▲45182    +49291
NZドル    11247      9620      +1627
豪ドル     53508     53497       +11 

何といっても注目はユーロですが、一気にロングに転換しています。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(1/18時点)"

| | Comments (0)

January 21, 2011

錦織、完敗

Spl1101211939008n1残念ながら0-3でベルダスコ(スペイン)に敗退してベスト16成らず。

ランキング10位以内の壁が厚いことを思い知らされました。


Continue reading "錦織、完敗"

| | Comments (2)

January 20, 2011

しばし静観

上海総合指数が3%近い下げ。
中国大陸の個人は狼狽売りでしょう。

中国株に連鎖してアジア株が全般に売られ、為替は対資源通貨で円高傾向。

但しユーロは妙に強いという、やや変調な相場付きになっていて、ユーロ売り新興国買いのヘッジファンドは動揺しています。

Continue reading "しばし静観"

| | Comments (0)

January 19, 2011

ASEAN4+チャイナ

Asean5NY上場のETF5ヶ国のチャートです。

この3ヶ月では、ベトナムが首位で、次がマレーシア。
タイがトントンで、上海株はマイナス、最下位がインドネシアとなっています。


Continue reading "ASEAN4+チャイナ"

| | Comments (0)

錦織、吠える

96958a88889de0e3ebe3e0e3e0e2e3ebe2e錦織選手、2回戦を突破しました!


Continue reading "錦織、吠える"

| | Comments (0)

January 18, 2011

クルム伊達に敗因はない

2011011801000240帰宅してクルム伊達の試合をチェックしました。

相手は12シード、21歳のラドワンスカ(ポーランド)。
40歳の伊達とは親子ほどの年齢差があります。

ファイナル(第三)セット、5-4でリードして伊達のサービスゲームという有利な局面でしたが、そこから3ゲーム連取されて負けました。

Continue reading "クルム伊達に敗因はない"

| | Comments (0)

「時代はブラジルだ」麻生元首相

漢字が読めずに評判を落とした麻生元総理ですが、政治家らしく、なかなかポイントを押さえたコメントだと感じました。

「太字」のところだけでも面白いと思います。

【グローバルインタビュー】

産経新聞 1月16日(日)9時59分配信

 BRICsの一角として、世界で押しも押されもせぬ存在に成長したブラジル。1月1日に行われたルセフ新大統領の就任式に日本政府特使として出席した麻生太郎元首相が、式典が行われた現地ブラジリアで産経新聞のインタビューに応じた。若いころ、ブラジルに駐在した経験もある麻生氏。持ち前の歯切れ良さで、「未来の大国」ブラジルの将来性を熱く語った。(聞き手 松尾理也)

 --ルセフ新大統領の印象は

 「彼女は以前から知っているが、行政官から政治家へ大きく変わりつつある、いってみれば化けつつある。前と比べて人間味がでてきているね。女性指導者としては、イスラエルのゴルダ・メイヤー、英国のマーガレット・サッチャーと並ぶ、歴史に残る存在にまで伸びる可能性があると思う」

Continue reading "「時代はブラジルだ」麻生元首相"

| | Comments (2)

課題を残した錦織の勝利

Spl1101180503001n1錦織は、ランキング58位を3-1で下して1回戦を突破しました。

昨夜、サッカーサウジ戦を横目で見ながら、WOWOWの録画をじっくりとチェックしました。

錦織のコンディションは、復帰後間違いなくベストと見ました。


Continue reading "課題を残した錦織の勝利"

| | Comments (0)

January 17, 2011

無料放送に未来はあるのか

テレビ放送をビジネスモデルで二つに分けると、有料放送と無料放送ということになると思われます。

有料は、NHK(含むBS)、WOWOW、スカパー、CATVなどです。

無料放送は言うまでもなく広告収入に依存している民間放送局で、在京はテレビ東京含めて5局。
TBSは昨年中間期が赤字。
その他の局でも高給アナのリストラなど、コスト削減のニュースが増えています。

NHK以外のTVはタダ、という意識がいまだ残ってはいるものの、現実の視聴者は多様化し、二極化しています。

Continue reading "無料放送に未来はあるのか"

| | Comments (0)

January 15, 2011

今週の手動トラリピの結果

今週上手く決まったのは、豪ドル、加ドルの押し目買い方向のトラップ。

豪ドルが82円買い、82.5円決済など2件。
加ドルが83円買い83.5円決済など3件。

計5件で+25000円。

一方、ユーロの急騰でユーロ売りが次々ヒットしては、あっと言う間に損失が拡大。

Continue reading "今週の手動トラリピの結果"

| | Comments (0)

シカゴ筋ポジションの確認(1/11時点)

      (1月11日)  (1月4日)  (増減)
カナダドル  47757    38348    +9409
スイスフラン 10818    13032    -2214
ポンド    ▲5090   ▲14133    +9043
ユーロ   ▲45182    ▲24201   -20981
円       24736    39065    -14329
NZドル    9620     10731    -1111
豪ドル    53497     62513    -9016

ユーロは大きく売りが増えていますが、この直後からユーロの急騰が始まっていますので、もはや参考になりません。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(1/11時点)"

| | Comments (0)

January 13, 2011

中国に文民統制はあるのか

ステルス機試験飛行「胡主席知らず」 米で一斉に報道

ゲーツ米国防長官と会談した時点では、「中国初のステルス戦闘機の試験飛行について知らされていなかった」――。国防長官に同行している米メディアは11日、米国防総省高官の説明を一斉に報じた。

会談でゲーツ長官が「テスト飛行は私の訪問に合わせたものか」と問いただしたところ、当初、胡主席はじめ会談に同席した文民は全員が明らかにその事実を知らない様子だったという。政府指導部と人民解放軍の間の情報伝達の断絶と文民統制の不備を示唆するエピソードに「米側はがくぜんとした」(ニューヨーク・タイムズ紙)という。

Continue reading "中国に文民統制はあるのか"

| | Comments (0)

January 12, 2011

THE BIG SHORT-世紀の空売り-

03308504もう一冊は、「世紀の空売り」です。

「リーマンショックコンフィデンシャル」が、金融危機を何とか火消ししようとする当事者のドタバタ劇だとすれば、こちらは欺瞞を見破り、市場の崩壊に賭けて財産を成した人々の物語です。

Continue reading "THE BIG SHORT-世紀の空売り-"

| | Comments (0)

January 11, 2011

インフレを輸出するFRB

10日のジャカルタ指数は4%以上の下げ。
NY上場のETFは5%以上売られました。

背景にはインフレ懸念による欧米勢の利益確定売りがあると報道されています。

金融危機対策として、先進国はこぞって金融緩和策を導入。
特に基軸通貨を発行するアメリカは、ドルの大量発行姿勢を明確にして景気への支援を続けています。

これに対して日銀は金融緩和に消極的であると批判され、昨年秋にはETFとJ-REITの購入を決定しましたが、実は日銀の方が「メタボ体質」との見方もあります。

中央銀行の資産規模とGDPを比較すると、FRBのバランスシートは190(兆円)÷1200=16%、日銀のバランスシートは120÷500=24%と推定されています。(出所:「アメリカの金融緩和が日銀に少し追いついてきた」

Continue reading "インフレを輸出するFRB"

| | Comments (0)

January 10, 2011

動的平衡-生命はなぜそこに宿るのか-

正月休みに読んだ二冊の内1冊が動的平衡-生命はなぜそこに宿るのか-です。

「人間の体は口から肛門までがチクワの穴のようなもの。
従って胃の中は身体の外だ」

「タンパク質はアミノ酸にまで分解されてから身体の中に吸収される。
従って、コラーゲンを飲んで肌がキレイになる効果はない」

「チビチビ食うだけでダイエットできる」

次々と小気味良く繰り出される目から鱗の数々。

Continue reading "動的平衡-生命はなぜそこに宿るのか-"

| | Comments (0)

January 09, 2011

米国不動産は雇用次第?

WSJが年始に不動産事情を概観する図表を「Key to Real-Estate Rebound」という記事の中で乗せています。
Yeaa518a_reale_ns_20110102160014
タイトルの「RockyRecovery」は、よろめきながらの回復といったニュアンスでしょうか。

その下の文字部分は、

不動産市場は昨年やや明るさを見せたものの、持続するには雇用の回復が必要だ。
商業用不動産への投資は増えているが、2008年のペースには戻っていない。

となっています。

Continue reading "米国不動産は雇用次第?"

| | Comments (4)

今週の手動トラリピの結果

12月後半から1月3日までは、市場参加者が減って動きの少なかった為替相場。

特に豪ドル円はこう着状態だったので、カナダドル円、ユーロ円にも仕掛けを広げました。

ユーロ絡みはユーロショート、クロス円はロング。

Continue reading "今週の手動トラリピの結果"

| | Comments (0)

January 08, 2011

2時間のユーロ高

03_15
雇用統計は期待ほどではなく、NY市場は株安債券高で反応。

発表前期待感でドル買いが優勢だったので、当然反対に動けとばかりに一旦はユーロ買い。

バーナンキ議長は雇用の回復は遅く、正常化まで4~5年かかると金融緩和の長期化を示唆。

Continue reading "2時間のユーロ高"

| | Comments (0)

タマネギに苦しむインド株

79b30562インドの代表的な指数センセックスが急に崩れています。

原因は政権の汚職と「玉葱(タマネギ)」だと言われています。

Continue reading "タマネギに苦しむインド株"

| | Comments (0)

シカゴ筋ポジションの確認(1/4時点)

        (1月4日)  (12月28日) (増減)
カナダドル  38348     34787   +3561
スイスフラン 13032     14002   -970
ポンド    ▲14133   ▲13121   -1012
円       39065     29641   +9424
ユーロ    ▲24201   ▲26479   +2278
NZドル    10731     8115    +2616
豪ドル     62513    64316    -1803

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(1/4時点)"

| | Comments (0)

情熱大陸「貴乃花親方」

20101231org00m200018000p_size5情熱大陸は録画して欠かさず見ています。

語るものを持ち合わせない若い芸能人が出てくると全く面白くありませんが、2日放送の貴乃花親方は良い内容でした。

Continue reading "情熱大陸「貴乃花親方」"

| | Comments (0)

January 07, 2011

崖っぷちのユーロ

03_h
今、1.3を切っています。

非常に危うい状態で、背中を押されたら落ちていきそうです。

Continue reading "崖っぷちのユーロ"

| | Comments (0)

J-REITは八~九合目か

昨年秋から大きな上昇波動を見せていたJ-REITも、円安傾向で一般株に焦点が移っていることもあり、やや落ち着きを見せてきました。

現在の総平均利回りは4.44%。
マイルストーンと考えられる4%まで、あと1割ほどに迫っています。

以下はレジ系リート主要4社の指標です。

Continue reading "J-REITは八~九合目か"

| | Comments (0)

January 03, 2011

手動トラリピの結果(2)

ユーロドルはショートで50銭相当(0.005)刻み、豪ドル円はロングで50銭刻みの設定です。

大晦日に1.4で売ったユーロドル。
今日1.3342で決済。

ネットで4665円のプラス。

Continue reading "手動トラリピの結果(2)"

| | Comments (0)

借金の後始末は続いている

今年を眺めてみるに当たり、昨年の年頭はどんなことを考えていたのかと振り返ってみたら、「債務の後始末」と書いていました。
この問題は全然解決していません。

2010年、世界最大の債務国がやったことは、ペーパーマネーを大量に刷って借金を目減りさせようとする作戦。
人々は、コモディティ、新興国通貨、国家より信用ある企業のエクイティなどへ逃避しました。

バーナンキが成功したのではなく、失敗すると考えて、少しでも信用ある資産にマネーが向かったのかもしれません。

いずれにせよ、米国は「元祖為替操作国」である中国に意見できなくなりました。

Continue reading "借金の後始末は続いている"

| | Comments (0)

January 02, 2011

グルーポンは一過性ブームで終わるのか

105558
グルーポンで頼んだ「おせち」で問題が発生しているようです。

詳細は、ここで

Continue reading "グルーポンは一過性ブームで終わるのか"

| | Comments (0)

January 01, 2011

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

本年も、よろしくお願いいたします。

大晦日の夜は、紅白をチラ見しながら、Chris Botti in Boston [Blu-ray]で過ごしました。

この中でも最も官能的な一曲をご紹介します。

Continue reading "謹賀新年"

| | Comments (3)

« December 2010 | Main | February 2011 »