« イスラムに向かうジャパンマネー | Main | 日本国債が格下げ »

January 25, 2011

CPUを換えてみた

今月9日、インテルから新しいCPUが発売されましたので、交換してみました。

Core i7-860→Core i7-2600への移行になります。

マニアな話は専門サイトに任せることにして、ここでは感覚的な話だけをします。

当たり前ですが、ネットとメールでCPUの能力アップを実感することは出来ません。
動画ダウンロードの時間も大差なし。
PCゲームは、むしろビデオカードに依存するでしょう。
動画のエンコードでは相当の時間短縮が出来るようですが、私には関係なし。

しかしながら、密かに期待していた静音性(省電力)で効果があり、従来よりも、明らかにファンの音が静かになりました。

車の運転に例えると、2000ccクラスから3000ccに乗り換えて、同じ60kmで走った時の余裕感覚です。

新型CPUのラインナップには、より消費電力を抑えたタイプ(末尾にSが付く)Core i5-2400Sもあり、性能よりも静かさを求める人にも選択肢になりそうです。

PCで映画など動画を長時間見るケースが増えているので、静音性はより重要なファクターなりそうです。

Intcちなみにインテル(INTC)の株価はDOWと比べて大きく出遅れており、100億ドルの自社株買いを決めるなど、会社は株価対策に躍起です。

この記事が参考になりましたら BlogRankingに一票をお願いいたします。

|

« イスラムに向かうジャパンマネー | Main | 日本国債が格下げ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« イスラムに向かうジャパンマネー | Main | 日本国債が格下げ »