« 2時間のユーロ高 | Main | 米国不動産は雇用次第? »

January 09, 2011

今週の手動トラリピの結果

12月後半から1月3日までは、市場参加者が減って動きの少なかった為替相場。

特に豪ドル円はこう着状態だったので、カナダドル円、ユーロ円にも仕掛けを広げました。

ユーロ絡みはユーロショート、クロス円はロング。

途端に豪ドルが東海岸の洪水等を材料に、83円台から82円丁度近辺まで急降下。
幾つか網にかかったところで、今度はADP雇用統計がポジティブで83円台に復活。
82円買い82.5円決済など3件が約定。

加ドル円も同様に、81.5円買い82円決済など3件がヒットして決済。

連れてユーロも上下波動が大きくなり、
ユーロ円が110円売り、109.5円決済など4件。
ユーロドルが1.34売り、1.335決済など3件。

合計13件、約65,000円の利益確定。

含み損玉もなく、これなら上出来です。

もうしばらくは50銭刻みで、この実験を続けてみます。

この記事が参考になりましたら BlogRankingに一票をお願いいたします。

|

« 2時間のユーロ高 | Main | 米国不動産は雇用次第? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 2時間のユーロ高 | Main | 米国不動産は雇用次第? »