« シカゴ筋ポジションの確認(2/22時点)~有事のドル売り~ | Main | 日銀のREIT買取ペースは遅い »

February 28, 2011

ASEAN4+CHINA

Z
NYSE上場ETFによる3か月チャートです。

新興国からの資金引き揚げも一巡。
当面の原油高、インフレ影響も一通りは織り込まれた結果、大差がなくなりました。

一番下はインドネシアですが、昨年のパフォーマンスによる反動が大きかっただけ。

マレーシアとベトナムがほぼ変わらずで一緒。
中国とタイがややマイナスで一緒。

この先どこの戻りが早いのかを探る鍵は、やはりインフレを上手く抑え込めそうな国、ということになるような気がしています。

この記事が参考になりましたら BlogRankingに一票をお願いいたします。

|

« シカゴ筋ポジションの確認(2/22時点)~有事のドル売り~ | Main | 日銀のREIT買取ペースは遅い »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« シカゴ筋ポジションの確認(2/22時点)~有事のドル売り~ | Main | 日銀のREIT買取ペースは遅い »